ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

昨日の演奏は、とりあえず無事に終了しました。

なんとか、無事終了です!

来て下さった、koichiroさん、crabさん、ありがとうございました。

会場の洋琴房は、大理石のテーブルや白い漆喰の
壁などのインテリアが、とってもフレンチ風なお店でした。

でも中華レストランなんですよ。
駅の真向かいだったから、はじめて来る人でもわかりやすかったかも。


まずは車を横付けして機材の搬入からスタート。

a0011050_23505418.jpg


小型のドラムセットなのですけど、総重量はおそらく30キロくらいあるかな。

特にシンバルスタンド類なんかは鉄パイプが束になったようなものだから、
腰を入れて持ち上げないと、ぎっくり腰になりそう。(笑)

お店の方や演奏メンバーの人たちに手伝ってもらってお店に運びいれると
ケースから取り出してセッティングです。

前日に一度、組み上げてチェックしておいたから、部品の不足もないし、
問題なくセットできました。

a0011050_2351134.jpg


昔の話だけど、会場でセッティングしているときに、「イス」を持ってくる
のを忘れたことに気がついたの!

さすがに立ったまま叩けないから、近くの楽器屋を探してイスを買ったんだけど、
あの時はかなり大汗をかきましたよ~。(苦笑)


5時には準備も完了したから、本番の7時まで時間があるし、お客さん
が来る6時くらいまで、リハーサルをしました。

とはいっても、過去2回しか音合わせしていないし、リハのあとに
アレンジを変えた曲もあるから(!)、さらっと流すだけじゃなくて、しっかり
書いて覚えたりしたけど。。


リハも終わって、コーヒーをいただいている頃、Crabさんが何とご家族で登場!


いつもは写真でお見かけする二人の息子さんをナマで見ちゃいました。
奥さんもきれいな方で、ちょっと羨ましかったなあ。(笑)

せっかくの家族団欒なので、あまりお邪魔しないように軽くご挨拶しました。

うちの子はちょっと具合が良くなくて、連れてこられなかったけど、本当は
ナマ楽器の演奏をできるだけ見せたいなと思ってたんですよ。
だから、子供さんがどういう反応してくれるか楽しみです。


気がつけば、お客様は20人近くも入っていますね。
もうスタートの時刻が間近です。


今回は、お食事を召し上がっていただきながら気持ちよく聴ける音楽を目指す
ってことで、選曲もスタンダードが多めだし、演奏も抑え目にやろうって話し
だったんです。

だから、最近あまり練習ができていない「ワイヤーブラシ」での演奏中心で、
ちょっと心配もあったんですけどね。。



時間がきたので、ドラムセットに向かいます。


僕の真向かいにはグランドピアノ。


そのちょうど間にベースが並んでいます。


ピアノトリオ演奏がスタートです。

a0011050_23513086.jpg


スタートは、バド・パウエルの曲で、Bouncing With Bud っていう曲。

リズムの構成が典型的なビバップ調です。

起承転結が8小節ずつ4パートに分れてるんですよ。

2ビートのフィーリングでゆったりテーマを演奏し、サビで4ビートにチェンジ、
最後にまた2ビートで1コーラス終了ってパターンです。


ちょっとわかりにくいかな。(苦笑)


実は、2ビートのフィーリングをブラシで演奏するのは、それはそれは難しいんです!
ここだけの話し、永遠の課題だと思ってるくらい。

だから、本当は1曲目にやりたくない曲なんだけど、ピアノとベースの夫婦が
ちゃんと曲順表をお客様の分まで作ってきてくれてたから、曲順の変更もできないし。。

ガンバってやりましたよ。


3曲目のナットキング・コールの歌で有名なPoincianaを演奏しているとき、
koichiroさんがいつもの笑顔で登場!


なんと、一番前のテーブルに腰掛けてます。
僕のすぐまん前だよ!

これはもしかして、プレッシャーをかけているのか!!

というのは冗談で、ここしか席が空いてなかったんです。(笑)


その後も何とか大きなミスをせずに、気がつけば1セット目の最後の曲、
カルロス・リラの名曲「Influencia Do Jazz」を演奏するところまで
こぎつけました。

この曲ね、僕が以前、自分の結婚式のときに、この同じメンバーで演奏した
思い出の曲なんですよ。大好きな曲なの。

いつもはボサノバのリズムで演奏するんだけど、今回はブラシでサンバのパターン
を使って演奏しました。まあ、けっこううまくいった気がしたな。


1セット目が終わってから、koichiroさんとしばしのドラム談義。

共通の楽器だし、趣味も似てるんです。

こんなに共通点があるんだよ!

○ドラムの色⇒ナチュラルメイプル
○シンバル⇒Kジルジャン
○スティックケース⇒皮製20年もの(笑)
○ドラムヘッド⇒クリアアンバサダー

そんなことお話ししている間に、もう2セットめの時間が。。

実はこのときおなかが凄く減っててね。
食べてから次の演奏をする予定だったんだけどお客さんがたくさん来すぎて
自分たちの分まで作ってもらうことができなかったの。(涙)

2セット目は空腹で、だんだん血糖値が下がってくるのがわかるんだよ。(苦笑)

だから、あんまり記憶が残ってないんだよねえ。。←いいわけ。


でも、最後の曲「Tangerine」はよく覚えてる。

だって、いきなりドラムソロを振られて、他の楽器が止まっちゃったんだもの!


いままでマレットで静か目に演奏してたんだけど、

最後の曲だし、少々派手にやってもいいかな~って思っちゃって、

かなりド派手にソロを叩きまくっちゃった。(爆)


お客様の反応も上々だったみたいで、たくさんの拍手をいただいたし、
とりあえずなんかもう1曲やるかってことで、急遽、チャーリー・パーカーの
「コンファメーション」をやっちゃった。


演奏が終わって、crabさん一家のところに挨拶に行くと、

なんと下の子は爆睡中!

さすが大物だね~。あの爆音の中で眠っているなんて、凄い!(笑)
さっきまでは手を叩いたり身体をゆすったりしてノッていたんですって。
嬉しいなあ。。

お料理も美味しかったみたいで、ビールもすすんだclabさんはいい顔色になってました。。


終わってみれば、楽しかったなあ~。


またぼちぼちやりますから、良かったら来てくださいね。


追伸:
全然知らないお客様からこんなことをいわれました。
「会場を探して検索してたら、こんな記事を見つけたんですよ、ホラ!」
そういって見せてくれたのは、僕のブログの記事でした。。。。

ハズカシ~。
[PR]
by 400tourer | 2004-11-22 23:40 | バンド/ドラムの話
<< 4日ぶりのPOSTで思うこと。 2年ぶりにタイコを出しちゃった! >>