ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

AOR~フュージョン好きに聴いて欲しい名盤

a0011050_15151.jpg
どんなアーティストを取り上げると思います?

『フライング・キティ・バンド』です!


-ああ、♪たいむまーしんにぃ~お~ねがい~ の?

それは、「サディスティック・ミカ・バンド」でしょ。


-そうか、あの日本のスタジオミュージシャンが作ったフュージョンPOPばんどの・・・

それは、「フライング・ミミ・バンド」だよ!←知らないか。


のっけからヘンな一人ボケ&突っ込みですいません。。。


『フライング・キティ・バンド』

実は、本当に良いアルバムを出しているんですよ!1枚だけですけれど。
「5・4・3・2・1・0」という、宇宙をテーマにしたコンセプトアルバムを77年に
キティレコードから出しています。


小椋佳・星勝・安田裕美という3人によるこのユニットは、「僕の音楽性のルーツ」の
一部になっています。

小椋佳といえば当時の日本で全盛だったフォーク&ニューミュージックを代表する
一人ですが、このアルバムはそんなイメージとはまったく一線を画した内容です。
特に星勝さんの作曲とアレンジが、都会的で、繊細で内面的な深みを与えていますね。


参加メンバーも凄い!LAオールスターズって感じです。

当時のスティーリー・ダン、マイケル・フランクス、エアプレイ、クルセイダーズなどに
参加していた超一流のメンバーに加えて、日本の面子も負けていません。

David Foster、Jay Graydon、Tom Scott、David T Walker、
Gim Kertner、John Guerin、 高中正義、深町純・・・・・

マニアな方(AIRPLAYさん、BLUE_KOUICHIROさん・・・)ならきっとご興味が
ありますよね?(笑)


サウンドは、軽い16ビート&シンコペーションを多用したグルービーなリズムアレンジに
軽いテンションコードが乗っかった、まさに「時代の音」になっています。

特に素晴らしいのはこの2曲。どちらも星勝さんが作曲とボーカルも取っているようです。

A-6 夢のペニー・キャンディーズ
B-9 つかみきれないシャボン玉(←最高!)

この時代に日本のボーカルもので、こんな洗練されたサウンドは、山下達郎の1ST、
「サーカス・タウン」くらいしか他に知りません。


・・・ああ、気がついたらまた熱く語っちゃった。(笑)
調べてみたけど、これもやっぱりCD化されてないみたいです(涙)

僕も実家のオフクロがカセットテープ版のアルバムを持ってるだけなんで、
欲しいんです。どこかの中古やさんでもしこれを見つけたら、
ぜひご一報を!(笑)
[PR]
by 400tourer | 2004-05-11 01:52 | 70年代音楽
<< なんで、ローバー トゥアラーを... お客様と向き合うこと >>