ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

Rainy Walk

今日、起き抜けに J-waveから流れてきた曲。
雨の季節になると、どこからともなく聴こえてくるんですよね。

僕の大好きな、山下達郎さんの隠れた名曲「Rainy Walk」です。

この曲は、あるヒット曲のB面として知ったのでした。


「Ride On Time」です。
達郎さんを知らない人でもこの曲は知ってるでしょ。

当時、マクセルのカセットテープのTVコマーシャルを見た僕は、その画面に広がる
シーンと音楽のかっこよさにシビレテしまい、こづかいをはたいてシングルを買いに
走ったおぼえがあります。



鮮やかなオレンジ色に暮れる空と、暗く翳りゆく海

そこに、ひざまで海に浸かったオトコが真正面を向いて佇んでいる

彼は片手を伸ばし、指先はぴんとピストルのようにして

まっすぐこちらに向け、鋭く狙いをさだめている。


そして、この曲がオーバーラップしてきます。

「Ride On Time さまよう思いなら やさしく受け止めて そっと包んで」



あーなつかしいなあ!
あれ?
Rainy Walkの話はどこ行ったんだっけ?←脱線しすぎ



ああそうだ、思い出した。(笑)



それでね、レコード屋でシングルを買ったんだけど、意外にもB面にやられちゃうんですよ!
とっても地味な曲でね、イントロからサビ前の展開は、ベースなんてずっと
ルート音だけでシンプルなリズムを繰り返しているんです。
ドラムもベースにシンクロしたシンプルなパターン。

だけど、グルーブがとっても気持ちいい。

このシンプルでストイックなグルーブに乗って、達郎さんの抑えたボーカルが
吉田美奈子さんの鮮やかな歌詞を淡々と歌うんです。



空をおおうプラチナの雲から

こぼれ落ちて振る雨にただぬれて

歩き始めたならやさしい歌声が

聞えて来るような 天使が見える・・・・



ここから一転してドラマティックなコード展開に絡むファルセットのボーカル。

いいな~~~!!この曲。


リズム隊はなんと、高橋ユキヒロ&細野晴臣のYMOコンビです。
しかもこの曲、もともとはアン・ルイス向けに作った曲だそうです!!(笑)

とにかくこの曲のリズムコンビネーションとグルーブは普通じゃないですね。
サイコーです。

もともとは1979年のアルバム「Moon Glow」に収録されていた曲なんですけど、
1980年のRide On TimeのシングルB面になっていたんですよ。
だから、アルバム「Ride On Time」には入っていません。


まあどっちのアルバムもオススメですから、聴いたほうがいいですよ!!
僕なんか、当時のLPで買って、一昨年のリマスタCDでも全部買ってるくらいだから。。。



a0011050_01942.jpg

[PR]
by 400tourer | 2004-06-08 00:20 | 70年代音楽
<< ぶたのおじさん。 今週末は出番なし >>