ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

マイケル・ブレッカーが亡くなったそうです。


トラックバックをさせていただくのは、1年ぶりかなあ、もっと経っているかも。

最近は全然、みなさんのブログへお邪魔していなかったのですが、久しぶりに
コウイチロウさんのところへ伺うと、いきなりこの記事。

訃報

ビックリしました。

なんだか信じられなくて、恐る恐る検索してみましたが、すぐに見つけてしまいました。

Michael Brecker Dies at 57


ブレッカーといえば、やっぱりブレッカーブラザーズの超絶プレイも思い出しますが、
歌モノで聴かせるメロディアスなプレイも大好きでした。

レコードやCD棚を漁ればいくつも出てくるんですけど、今、ぱっと頭に浮かんだのは
この2曲。


パティ・オースティンの2ndアルバム、「ハバナ・キャンディ」の2曲目、

「リトル・ベイビー」

a0011050_23263221.jpg



そして、角松敏生の「ビフォー・ザ・デイライト」のラストの曲、

「アイド・ライク・トゥ・ビ・ユア・ファンタジー」

a0011050_23265195.jpg



どちらも脇役なんですが、短いソロや地味なオブリガードが楽曲、そしてシンガーを
最大限に引き立てているんですよ。

超絶プレイの好きな方には地味すぎる演奏かもしれませんが、僕は彼のこういう
プレイが大好き。


本当に残念です。

JBが亡くなって、マイケル・ブレッカーが亡くなって、なんだか僕の好きな大物が
次々と召されていくのは悲しいです。

でもしかたないですね。 

僕も新しいアーティストを好きになっていかないと、いつか持っているアルバムは
全員天国に行ってしまった人たちばかり、なんて日が来るのかも知れません。(泣)

マイケルはきっと、先に天国にいった人たちとジャムってるんでしょうね。


心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by 400tourer | 2007-01-14 23:43 | 70年代音楽
<< ボランティアの日? 明日はカホンの初デビュー! >>