ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

<   2004年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

悪いところばっかり似るんだよねえ・・・。

このところ、ちょっとだけ気持ちが沈み気味。

どうやら、子供の視力が普通より悪いみたいなんです。

まだ、確定したわけじゃないんですが、3歳児検診の前に遊びながら視力検査が
できるカードをいただいて、親子でやってみたら、結果が悪いんですよ~。

8枚のカードにそれぞれ「りんご」「飛行機」「自動車」「傘」の4種類の絵が
描いてあって、大きいりんごのカード/小さいリンゴのカードというように、同じ絵で
絵の大きさが異なるカードがあります。

これを2.5Mはなれたところで言い当てるゲーム感覚の検査なので、子供は
結構乗り気だったのに、小さい絵のカードが全然言い当てられないんです・・・。

考えてみれば、娘は僕のアレルギー体質を受け継いでしまって、ちょっとだけ
アトピーがあります。 家内は小さいときから目が悪かったって話だから、
もしかすると、似ちゃったのかも。

不思議なもので、家内は花粉症ともアレルギーとも無関係で、僕は昔から
ずっと目だけは人一倍いいんです。

なんで悪いとこばっかり似ちゃうんだよ~~。(T.T)
[PR]
by 400tourer | 2004-04-30 23:36 | ハナ3歳

知る人ぞ知る、Ned Doheny~AORの名盤~

a0011050_17489.jpg
Ned Doheny(ネッド・ドヒニー)って誰? と思う人も多いでしょうね・・・。

確かに、最近は何をしているのやら、僕も知らないのですが、彼は70年代~80年代に
活躍した、シンガー&ソングライターです。

彼を知らない人でも、彼の作品を聴いたことはあるかも知れません。
チャ力・カーンの名曲「Watcha Gonna Do For Me?」は、彼とハミッシュ・スチュワート
(アベレージ、ホワイト・バンドのボーカル)の共作なんですよ。

僕が今曰聴いているのは、彼の88年のアルパム“Life After Romance”です。
これはお気に入りなので割と頻度が高いんですよ。

彼のイメージをひとことで表現すると、“LAの優しく爽やかな風”って感じかな。
透き通った美しい声と誠実な歌い方、ソウルミュージックに影響を受けた、ゆったり
していて切なげな曲調、まさに大人の音楽です。

ジェームス・テーラーやイーグルスとも交流があって、同時期に活躍していた
んですけど、なぜか地味ですね。

もっと 評価されてもいいと思うのは僕だけじゃないと思いますが、米国内でも
それほど売れなかったようです。

でも、AORが好きな人はチェックした方がいいですよ!
[PR]
by 400tourer | 2004-04-30 17:49 | 70年代音楽

百式の田口さんって凄い!

先日、とあるセミナーに出席してきたんですけど、ゲストはブロガーの元祖でもある
百式の田口元さんでした。

『百式版「7つの習慣」』 というお題で1時間のお話でしたが、さすがに頭のいい人
でしたねー。聴いてるだけで頭が良くなったような、錯覚を感じました(笑)。

それに、ルックスがいいんですよ!僕は男だから一目ぼれは無いですけど、
女性なら、目がハートマークになっちゃう人がいるんじゃないかな。。。

日常的に普通の人と違う習慣を持っているってことが良くわかりました。
そのことが、大きな違いを産み出しているんでしょうね。

聴いた話の中で、何か一つでも実行できるように努力しようと思います。
う~ん、できるかな・・・。

以下、防備禄です。

<人にあったとき、本を読んだとき、必ず確認する3点>
1.他人と何が違うのか。
2.なぜ、違うのか。(本人の判断基準を見つける)
3.今までに作った造語や比喩はあるか。(価値観を見つける)

<作業時に気にしていること2点>
4.PCやWEBのショートカット探し(時間短縮になる)
5.注意力を奪われない工夫(紙を横に置き、今何をしているのかを書く)
  
<辛いことを楽しいことに変える工夫>
6.連想プログラミング(辛いことと楽しいことをセットにして行動する。)

<空き時間の過ごし方>
7.パロディを考えている。
(面白い人になりたい。人と違うことを知ること、話せることができるようになりたい。)


[PR]
by 400tourer | 2004-04-30 14:56 | オシゴト

都会の晩春

さっきまで、近所の公園で子供と遊んでいました。

共働きなんで、たまった家事を家内が片付ける間、パパと子供は公園で・・っていう、
良くある風景ですね。

こんな都会の真ん中(品川区と港区の境目辺り)でも、四季は確実に移ろっていきます。
あまりにも小さすぎて、子供が5人も来たら、遊ぶのが窮屈な公園にて。

「ほら、見てごらん!あそこにちょうちょがいるよ。」

「あ~、おおきいねえ。」

「うん、アオスジアゲハっていうんだよ。」



「あっ!あそこ見てごらん。」

「スズメだァ~!」

「違うよ、ツバメっていうんだよ。 あそこの壁を見てごらん、おうちがあるよ。」

「え~っ?どこどこぉ・・・。」

仕事の都合で都会の真ん中に住んでいますが、郊外で育った僕はこの時期、
都会暮らしがとってもいやになります。

だから、少しの自然でも、わずかな季節の移り変わりでも、子供に教えたいと
思っています。

もちろん、田舎に行けばいいんですけど、それは子供にとって、非日常なのだと
思います。日常の中にある、自然を感じて欲しいんです。
[PR]
by 400tourer | 2004-04-29 16:01 | ハナ3歳

タイトルにふさわしいネタを・・・。

a0011050_0491.jpg
このブログのタイトルって、「ローバーと本と音楽」なんですけど、実際には
「音楽&子育て」って感じの内容なんですよねー。(笑)

でも、おすすめにのったお陰で、「ローバー」という言葉に反応してくれる方が多く
いらっしゃったので、この際せっかくですからちょっとマニア(?)なネタを。。。

実は、ローバーって1999年の終わりごろから去年の夏まで、日本から撤退
してた、悲しいブランドなんです・・・。

一時的にオーナーだったBMWが、ローバーの赤字体質に恐れをなして、
ランドローバーブランドだけフォードに切り売りして、miniは儲かりそうだから
自分のところに残して、最後に残ったローバーはたった10ポンドで英国の投資会社に
売っちゃったんです!(だから、新miniはBMWディーラーで売ってるでしょ?)

そのごたごたで、日本から一時撤退していたらしいです。
まあ、こんなに残酷なケースって日本ではなかなかないですよね。。。

こういうマイナーさが、なんだか妙に愛しいんです(笑)。ヘンかな?
特に僕が乗ってるトゥアラーなんて、かなりマイナーなんで、古いのか新しいのか
誰にもわからないところが気に入っています。←日本車はすぐモデルチェンジするでしょ!

ところが、僕の車に唯一、気に入らないところがありました。
それは、フロントグリル(車を顔にみたてた場合、鼻か、口に見える部分)なんです。

他のローバー車(75、600、800など)は、シルバーのグリルで、縦のフィンが一本
一本、繊細に作りこんであるのに、僕の車は真っ黒の樹脂むき出しで、しかも縦の
フィンが全部つながってる一体成型なんです。

まあ、ようするに、安っぽい作りってこと。

で、どうしたかといえば、自分で作っちゃいました!

1.樹脂グリルの一体成型になってるフィンをはずして、
2.一本一本全部、のこぎりで切り込みを入れて、
3.ヤスリやパテ成型で整えて、
4.シルバーの塗装をして、出来上がり。

と、言えば簡単なんだけど、この作業はめちゃくちゃ時間がかかりました。(笑)
去年の夏に、毎朝早起きして出勤前にすこしずつ作ったんだけど、ひと夏の間
やってましたね。。。

家内はそうとうあきれた顔してました。
でも、結構気に入ってるんですよ。

写真の上に見えるのが現在の顔で、下の方が元々の顔です。
「何が変わったの?」って言わないで~!ひと夏もかけたんだから(笑)
[PR]
by 400tourer | 2004-04-29 00:50 | ローバー

なぜか、おすすめブログになりました。

不思議です。・・・なぜ、おすすめなんだろう?

昨日からアクセス数が今までの倍から3倍近くに跳ね上がってた
のは、「おすすめブログ」に載ってたからなんですね。

みなさん、遊びに来てくれて、本当にありがとうございます。
おすすめの理由がわからないですけど、とりあえず嬉しいです(笑)。

遊びに来てくださる方々のコメントが、みんなあったかくて、いい人ばっかり。
いつも嬉しい気持ちでいっぱいです。

これからも、よろしくお願いします。

まてよ、おすすめじゃなくなったら、アクセス数って急降下するのかなあ・・・。

まあいいか。
[PR]
by 400tourer | 2004-04-28 00:25 | なんでもかんでも

三歳児の災難

なんだか、子供ネタ3連発になってしまいますが、今日も面白い
事件が起きたようです。

以下、家内からの報告です。


保育園の帰り、ものすごい突風が吹いていたんだけど、風に向かって

「飛ばされちゃう~!カゼさん、悪い!怒っちゃうよ!!」
とわめいてたよ。(笑)

「カゼさん、どこにいるの?」
って聞いたら、辺りを見回して、

「カゼさん、いなかった・・・。」って肩を落としてた。。。

そのあと、近所のマンホールのふたがまだ雨で濡れて滑りやすかったんだけど、
思いっきりその上で滑って後頭部をマンホールで強打しちゃったの!

マンホールのふたがいい音で鳴ってたよ(笑)、ゴ~ンだって。(爆笑)

(まるで除夜の鐘みたいだねえ。。。)←僕のセリフ

そうなの~。(笑)
もう大号泣で、「ううぁああ~~ん!!!」って泣きまくってたら、その声に
散歩中のスピッツが反応して、ハァハァいいながら迫ってきちゃって、
それに驚いてさらに大号泣!!

おまけに、やっと立ち上がって家の前まできたら、駐車場のスロープで今度は
前のめりにスッテーン!!って転んでひざ小僧が流血しちゃった・・・。

血を見たとたんにまたまた大号泣だよ(笑)。

散々泣いてたから家に入ってからビデオをかけてご機嫌をとったら、すっかり上機嫌
になっちゃって、「いい日だったね。」とか言ってたよ。(苦笑)

もしかして、頭が悪いのかなあ~。



・・・・本当に、大丈夫なんだろうか?(笑)

まるで、スラップスティックムービーのようなこけ方、もしかして、天性のコメディアン?
まあ、とにかく三歳児にとっては散々な日だったようです。。。
[PR]
by 400tourer | 2004-04-27 23:28 | ハナ3歳

空恐ろしい3歳児

「三つ子のたましい百まで」とは、よく言ったもんだなあ。。。
最近、この言葉を噛み締めることが多くなってきました。

うちの3歳になったばかりの娘は、保育園に行っています。

登園時には、毎日ノートに家での子供の様子を書いて先生に渡します。
そして帰りに保育園での様子をかいていただき、それを毎日繰り返すのです。

昨晩、家内がノートに書いていた内容を、今、読んだのですが、
こんなことが書いてありました。



イチゴのゴムで髪を結び、保育園に登園しました。

起きぬけは今ひとつ不機嫌だったんだけれど、結んだとたん、
鏡の前に走っていき、

「はる君は、かわいいって言うかもっ!」(≧∇≦)←僕の想像図
と、ウキウキしていました。

夜、迎えに行って、「はる君は何て言った?」と聞くと、

「はる君は、何も言わなかったよ。。。」(´ο`)←僕の想像図
と、肩を落としてました。



・・・・思わず、3分ほど動作が停止してしまいました。(笑)
これって、もうすっかり女になってるってことですかねえ?
[PR]
by 400tourer | 2004-04-27 08:00 | ハナ3歳

子供に祝ってもらう誕生日

最近、感動したことは?

さっきまで、3歳の子供と家内と三人で、ケーキを食べていました。
今日が僕の誕生日だったからです。

♪Happy Birthday To You~
パパ、お誕生日おめでと~!

拙い口ぶりですが、娘が一所懸命に歌ってくれました。
3歳にもなると、誕生日の意味がわかっているんです。

もうかなり長い間、自分の誕生日に歌ってくれる人なんか、いなかった気がする。

ちょっと感激しましたね。
いいものです、家族って。


[PR]
by 400tourer | 2004-04-25 23:29 | ハナ3歳

心の中に生き続けるリチャード・ティー

二日酔いではないけれど

ああ、びっくりした!

まさか、リチャード・ティーを語る人がいるなんて。。。
リチャード・ティー(Richerd Tee)は個人的に、最も尊敬するピアニスト兼、
キーボーディストなんです。

93年に癌で亡くなりましたが、いまだに僕の心の中には、あの一発で本人とわかる
生ピアノのファンキーでダイナミックなバッキングや、フェイザーを効かせた
ローズピアノの包み込まれるようなサウンドが鳴り響いています。

とにかく、うたばん(歌の伴奏)が天才的にうまい!
適度に存在を主張しながらも、決して出過ぎない的確なプレイには、感動します。

ニューヨークのファーストコールと呼ばれる、超売れっ子スタジオミュージシャン
だったので、参加作品は星の数ほどありますから、語りだしたら止まらないけど、
「スタッフ」のメンバーと言えば一番わかりやすいのかな。

ソロアルバムも何枚か出ています。
「Strokin’」  「Natural Ingredients」 「Bottom Line」 などです。
その他、僕が持っている参加作品だけでも、おそらく100枚近いと思います。

そのうち、少しずつ紹介しようかなー。

超マニアックで、誰も興味ないかもしれないけど、一人でも多くの人に良さを知って
もらいたいアーティストです。

僕はドラマーのくせに、どんなドラマーよりもリチャード・ティーの方が好きです。

[PR]
by 400tourer | 2004-04-25 01:27 | 70年代音楽