ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

<   2004年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

はなちゃんのじてんしゃ


今日は午後から僕が11/21に演奏するリハーサルだったので、

子どもとママが二人で近所の公園にいってきたそうです。


最近、やっと自転車のペダルを漕いで前に進むことができるようになって
少々得意になっているみたい。。


その公園での会話。


「はなちゃん、自転車のペダルをちゃんと漕げるようになったの、よかったねえ。」


「うん、はなちゃん、もう、おねーさんだからちゃんとこげるよ。」

「ままがさー、ちいさくなったら、はなちゃんのうしろにのせてあげるよ~。」

「それでねー、びすけっとあげるからねぇ!」←保育園の帰りに自分がもらってるの。


「うんうん、ありがとう!(笑)じゃあ、パパはどうするの?」


「ぱぱがちいさくなったら、ここんとこにのせてあげるよ。」←ハンドルを指してます。。



想像したら笑っちゃったよ。。

でも、小さくなるのかなあ、僕もおじーさんになったら。
[PR]
by 400tourer | 2004-10-31 21:01 | ハナ3歳

サントラでヒットすると・・・。

この記事↓を読んでいて、トラバしたい話題を思いついた!
「Woman Needs Love」 Ray Parker Jr.


それは、映画のサントラで一発ヒットを出したアーティストがその後、その曲の
イメージに支配されちゃって、本来のイメージじゃないレッテルをはられちゃうって話なの。


レイ・パーカーJrが「ゴースト・バスターズ」のレッテルを貼られたのはよく覚えてる。

でも、ケニー・ロギンスも「フットルース」のレッテルが貼られちゃったんじゃないかな。

まあ、レイほどイメージ違いじゃないけど。。

正直言って、あのころはケニー・ロギンスがどんな人か知らなかったんですよ。


「ベストヒットUSA」や「MTV」でそうとうヘビー・ローテーションしてたから、
ああいうギンギンのロック(死語)を専門に歌ってる人なのかと思ってたの。(笑)

でも、あるときから見方がぜんぜん変わっちゃったんです。


「What a little while」をラジオで聴いてから。


大学に通ってたときかなあ。

朝、FMをつけたら、いきなりガツーン!って感じでこの曲が流れてきたんです。


エレピとギターのキラキラしたフレーズにパーカッシブなドラムのフレーズが
応酬するように聴こえてきたかと思うと、フルートの可愛らしいオブリガードが加わって
わくわくするようなイントロが始まります。


なんて洗練されたかっこいい曲なんだろ!


適度にシンコペーションが効いたベースとドラムに軽いギターやエレピがおしゃれな
コードを刻んでいます。

バックに流れるストリングスがさりげなくて、とっても爽やかな雰囲気。
ケニーのハイトーンな歌声も、クールな演奏と絶妙な相性。


僕は身支度も忘れてじっとラジオに聴き入っています。


だって絶対に聞き漏らしちゃならないからね。


何がって、DJが最後に言うでしょ。
「○△の××でした。」ってね。


この曲は短くて、あっという間に終わっちゃった。
息を殺してスピーカーに耳をそばだてます。


「ケニー・ロギンスの××○でした。」


え!?ケニー・ロギンスって、あのフットルースの?


曲名はぜんぜん聞き取れなかったけど、確かにケニー・ロギンスっていったよなあ。。


それから、中古レコード店をいくつか廻って探しましたよ。
探すって言っても、曲名がわからないんだけど。(苦笑)


でね、

1枚300円のコーナーに彼のアルバムが3枚ほど売っているのを発見して
速攻で買っちゃった。だって貧乏学生でも900円ならなんとかなったからね。


早速、家に帰って一枚一枚聴いていくんだけど、1枚目はついに入ってなかった。

しまったかなあ。。もうちょっと調べてから買えばよかったかなあ。。


ちょっと不安になりながら、2枚目をターンテーブルに載せて、針を落とします。


すると、ありました!!ラジオで聴いた、あの曲。


「What a little while」っていう曲だったんだね。

やっぱいい曲!ほかにもいい曲ないかな。


あれ?

この曲も聴いたことあるぞ。。


「What A Fool Believes」って、あのドゥービー・ブラザーズの曲だ!

しかもよく見たら、カバーじゃなくてマイケル・マクドナルドといっしょに作った曲なんだね。



・・・ってな感じで、フットルースのイメージとは違うケニー・ロギンスを発見したわけです。

まあ、この人はムラなくいい曲ばかりって人じゃないけど、いい曲はすっごくいい。

このアルバムは1978年にリリースされた、「Nightwatch」です。

a0011050_2356158.jpg


そうそう、1曲目の「Whenver I Call You "Friend" 」も大好き。
[PR]
by 400tourer | 2004-10-30 23:46 | 70年代音楽

今週はきつかった~!


はあ~。明日はやっと休める。。

今週はちょっとハードだったなあ。

名古屋、福岡、東京。

3日で三ヵ所を廻って連続のセミナーやったんですよ。

移動するだけでもけっこうシンドイのに、それぞれ2時間半ずつ
お話して質問に答えてると、だんだん疲労が蓄積していくのがわかるの。(苦笑)

で、帰ってきてから今度は著名な方のインターネットラジオ中継で
ミキサー兼エンジニアもやったりしてね。

さすがにクタクタ。


とにかく、今日は寝マース。


おやすみなさい。
[PR]
by 400tourer | 2004-10-29 23:12 | オシゴト

2年ぶりの再会~福岡の夜


昨日はほんとうに、せわしかった~。

でも、いいことがありましたよ!


以前に「ハチドリを追いかける人々」っていう話をしたんですけど、

そこで登場している音楽仲間の「とりはちさん」と2年ぶりの再会をしたんですよ!!


やっぱり偶然は必然なんだよね。


だって、とりはちさんにメールをしたんだけど、送信した直後に返信がきたんです。
しかもよく見たら、僕が送信するよりも前のメールでした。


なんと、このブログの記事を読んで、メールをくれていたんですね!
忙しい仕事をわざわざ切り上げていただいて、福岡の夜の街で無事に再会しました。


一夜限りの滞在だから、福岡らしい場所へ連れて行ってくれたんです。
とんこつラーメンの元祖といわれるお店で食べたラーメン、おいしかったあ~。

細い平麺に、濃厚だけど優しい味のスープがシッカリ絡んでてね、臭みは意外なほど
感じなかったなあ。


そのあと行った、小さなギターだらけのバーがまたまたいい感じのところでね、

観光客が寄り付かないような、一見すると寂しい界隈なんだけど、よく見ると
音楽関係の濃~い感じのお店が点在してるの。(笑)


お店の中はカウンターとテーブルが二つくらいの小さなお店。
でも、奥にはギターアンプやマイクがセットしてあって、演奏も入るみたい。


なんと、よく見たら長いバーカウンターはストラトキャスターのネックをモチーフにした
イキなつくりです!

壁中には色んなギターがかかっててね、ギター好きには堪らないんじゃないかな。


そんな場所で、再会を祝して薩摩焼酎のロックで乾杯!


いい気分になってきたころ、マスターがギターを抱えてステージへ。
若いお店の男の子もギターを抱えて、どうやらボーカルもやる様子。


アコースティックギターとエレクトリックガットギターの2本で奏でるイントロに乗って
聴こえてきたのは、Come Togetherでした。


いいねえ~。素晴らしいよ。


一番いい演奏だったのは、Sweet Home Chicago だったかな。
思わず口ずさみながら、カウンターに座ったままリズムを取っちゃったよ。


気がつけば、もう午前をまわって1時間以上も経っています。

名残惜しいけど、そろそろお別れです。



「また会いましょうね!」

「うん、また今度、ゆっくり来てよ!」



こんな会話でシッカリ握手を交わすと、降り出した雨を交わすような足取りで、
とりはちさんは町の中へ消えていきました。



さあ、今日はこれから福岡の皆さん相手にセミナーです!
気合入れて行くよ!!



あ、記事書いてるうちに、コメントする時間がなくなっちゃった。(爆)

いっぱいコメントもらってるのにすいませーん。

お返事もう少しまってくださいね。(こればっか。。)
[PR]
by 400tourer | 2004-10-27 10:06 | 70年代音楽

無事に名古屋から福岡へ着きました!


名古屋の滞在時間は短かったなあ。

セミナーも無事に終了して、さっさと片付けた後に

空港へ急いで、なんとか今さっき福岡に着きました。

しっかし、なんちゅうスケジュールなんだよ。(苦笑)

だけど、もしかしたら福岡で旧友に会えるかも!

これからちょっと連絡とって見ます。

とりはちさん、見てたら電話ください!

ケイタイの番号にかけてもつながんないんですよ。

あ、いちおう名古屋の写真もUPしますね。


a0011050_2143614.jpg



いそがしくって、お土産くらいしか写真にとれませーん。(爆)

お返事もうちょっとまっててね。
[PR]
by 400tourer | 2004-10-26 21:09 | オシゴト

名古屋・福岡へいってきマース!


これから出発です。

名古屋と福岡まで、セミナーをやりに行きます。

ちょっとコメントのお返事が遅くなっちゃうかも。(すいません。)

現地レポートもできたらやってみたいと思います。


それじゃ、行ってきマース!!
[PR]
by 400tourer | 2004-10-26 09:14 | オシゴト

「Fusionプレイヤーの歌伴モノ」紹介特集(その1)



せっかく催促されたことだし、いっちょ記事書いてみますか。(笑)

まあ、僕が紹介するのは知名度こそ低いかもしれないけれど、
ホントーにいいものですから。(変な自信だね。。)

いろいろあるんだけど、まず思い出したのが、これ!


Randy Crawford(ランディ・クロフォード)の1979年のアルバム

「Raw Silk」です。

a0011050_0505937.jpg


これはめっちゃくちゃいいですよ〜!

何でこんなにいいアルバムなのに、誰も評価しないのかな?


しっとりとして、しなやかで、あたたかい。

まさに「Raw Silk」なアルバムです。

今ごろの人恋しい時期にはぴったりだねえ〜。


まず楽曲がすべて素晴らしい!

カバー曲が中心になってるんだけどね、

実力派フュージョンプレイヤーの演奏力とランディのトレモロがかった
繊細な歌声で、オリジナルとはまた別の魅力に溢れています。


たとえば、10. Just to Keep You Satisfied なんかはご存知のとおり
マービン・ゲイの名曲です。

8. I Hope You'll Be Very Unhappy Without Me これなんかは、AOR の
知る人ぞ知る重鎮、ビル・ラバウンティの名曲です。

2. Declaration of LoveはAllen Toussaint(アラン・トゥーサン)
の名曲だし、

4. Endlesslyは「Rainy Night in Georgia」で有名なブルック・ベントン
の曲です。

もうこの選曲だけでも、70年代のシンガーソングライターに詳しかったら
泣きが入るでしょ!


面子もサイコーだよ。

Giter:John Tropea/Greg Poree
Piano:Don Grusin/Leon Pendarvis
Drums:James Gadson/Rick Marotta
Bass:Abe Laboriel/Will Lee

ね!

ホーンのクレジットはないけど、Allen Toussaintが数曲で
ホーンアレンジをやってます。

LAフュージョン/スタジオセッション系の超一流どころが揃ってるでしょ!

みんなランディのボーカルを聴かせるために、控えめで堅実なプレイを
してるんだけど、シンプルなアレンジだから本当の腕のよさがよくわかります。


このアルバムをもし見つけたら、絶対買ったほうがいいですよ。

もしも気に入らなかったら、クレーム受け付けます。(笑)

なんなら僕が実費で買い取りますから。

それくらい気に入ってるんで、マジで聴いてくださいね。


<曲目>

1. I Stand Accused
2. Declaration of Love
3. Someone to Believe In
4. Endlessly
5. Love Is Like a Newborn Child
6. Where There Was Darkness
7. Nobody
8. I Hope You'll Be Very Unhappy Without Me
9. I Got Myself a Happy Song
10. Just to Keep You Satisfied
11. Blue Mood
[PR]
by 400tourer | 2004-10-25 00:52 | 70年代音楽

今夜、鑑賞中のDVDはこれ!


といいながら、実はね、

DVDプレイヤーって持ってないんですよ。(笑)

なんとなく見てるヒマなんかないかなーって思ってて、いまだに買ってないの。

まあ、PCで見ることができるけど、ほとんど見たことがなかったんです。

ところが、この前のオフ会である方からとってもレアなDVDをいただいたんですよ。

あ、いちおう音楽関係のだよ!(念のため。)

それ見てたら、やっぱり画像が付いてる音楽もいいなーって思ってね。

唯一持ってるこの↓DVDを見てるってワケです。

唯一の手持ちDVDはアレサのライブ

今日はキャプチャーとって見ました。

このライブ、David T Walkerがギター弾いてるんですよ!

ほら!


a0011050_22263642.jpg


目立たない位置に座って黙々と弾いてるけど、プレイは目立ってますよ~。

大御所だし、マービン・ゲイのライブなんかでも弾いてますけど、画像では
なかなかお目にかかれないんじゃないかなあ。

この記事には「これからちょくちょくDVDを買いそう・・」とか書いてるくせに、
半年経ってもまだ買ってないね。(苦笑)

ちょっとマニアックなネタですかね。。
[PR]
by 400tourer | 2004-10-24 22:28 | 70年代音楽

ゆびにーたりないいっすんぼーし。


今日は朝から人形劇「一寸法師」を見に行ってきました。

開始時刻が10:30AMっていうのがシビレルでしょ。(笑)

実は昨日の疲れが残っててね、朝起きるのはつらかった~。。

でも、子どもは喜んでたみたい。

赤鬼が出てきたときは、「こわいよお~。。」ってべそかいてましたけど、

飲みこまれた一寸法師が鬼のおなかの中をチクチクさして降参させるシーンは

見ている子どもたちといっしょに笑ってたよ。

そして、鬼が忘れた「うちでの小槌」で大きくなった一寸法師と握手してきました。


ニコニコなのがわかるかな。

a0011050_1930772.jpg

[PR]
by 400tourer | 2004-10-23 19:31 | ハナ3歳

地震だあ~!!


あーびっくりした!

けっこうでっかい地震でしたねえ。。

ミニカーが棚からいっぱい落ちてきましたよ。(笑)

こどもも「こわあぁい!!」ってべそかいてました。

「パパがいるから大丈夫だよ!」

こんなこと言っちゃいましたけど、内心はヒヤヒヤ。。

とりあえず、今はおさまったみたい。


なんか最近、地震が多くていやだね~。。。




追記:

またきたあ~!!今まだ揺れてます。

震源の新潟では震度だって!!

皆さん大丈夫ですか。
[PR]
by 400tourer | 2004-10-23 18:01 | なんでもかんでも