ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

<   2004年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今年最後のポストです!(みなさん、ありがとうございました!)


窓の外ではまた雪がちらついてますね!

このポストが今年最終です。

みなさん、今年は本当にありがとうございました。


遊びに来ていただけるみなさんに支えられて、このブログは来年も続いてゆきます。

コメントやトラックバックをしていただいた方々、ありがとうございました!

ROMの方々も、読んでいただけるだけで嬉しいです!ありがとうございました。



今日は大晦日なのに、まだ年賀状を書たりバタバタしている最中です。


コメントをいっぱいいただいているのに、お返事が年を越してしまいそうです。

実家に出かける時間となりました。。


来年も、ボチボチいきますが、みなさんよろしくお願いしますね。


来年の皆さんの幸せを、心からお祈りして、今年のポストを終わります。


よいお年を!
[PR]
by 400tourer | 2004-12-31 13:14 | なんでもかんでも

70年代音楽を語るなら、絶対外せない1枚ですね!


このブログのタイトルの一部である、「音楽」についてですけど、僕は別に70年代音楽
しか聴かない訳じゃないんですよね。(あたりまえか。。)

でも、なんで、あえて「70年代音楽」を語っているかと言えば、
何かテーマを決めれば、見に来てくれる人がイメージをつかみやすいと思ったんです。

実際、僕の音楽趣味が広すぎるので、ジャンルで括るより年代で括るとしっくりくるんです。

もちろん、その時代に素晴らしい音楽がいっぱいあったことが、一番の理由であることは
間違いありませんけれど。


そんな、70年代の音楽を語るときに絶対、絶対、絶対に外せない一枚が、


「What's Going On / Marvin Gaye」ですね。

n_ayadaさんの記事によれば、HMV.co.jp で、モータウンキャンペーンをやっているとか。


今まで、モータウンレコードには多くのビッグな方々が所属していましたから、名盤なんて
きりがないほどあるんだけれど、エンターテイメント性が強いアルバムが多い中では、
異質な名盤という言い方もできるかもしれないですね。


このアルバムを語る人は、今までも星の数ほどいました。

ベトナム戦争や公民権運動など、当時の時代背景との関連を丁寧に語った人も、

サウンドのトータリティを語った人も、

マービンのこの後に起きる、多くの不幸な出来事について語る人も。


どれもみんな素晴らしい文章ばかりです。ほんとうに、素晴らしい!


それはなぜか?


やはり、その文章を書かずにはいられないほどの衝動を与えてくれた、この作品が
あまりにも素晴らしいからです。


この作品は、1枚を通して聴くために設計されています。

1枚全体がひとつの作品になっているんですよね。


もっとこまかく言えば、二幕構成になっています。

多分、レコードをひっくり返す時間や動作が及ぼす聴き手への印象まで
考えて設計されていたはずです。


What's Going Onで始まり、Mercy Mercy Meで一幕。(レコードのA面です。)

Right OnからInner City Bluesまでがニ幕。(レコードのB面です。)


もしもCDでしか聴いたことのない方や、これから聴く方は、この二幕構成を再現する
聴き方をオススメします。


え?どうやって再現するかって。


簡単です。


6曲目までを連続再生にしたら、

いったんとめて、

一呼吸置いてから、


残りの3曲を堪能しましょう!(笑)


バカにしないでね。

だってホントに15年前までは、みんなそういう時間の流れでこのアルバムを聴いてたんだよ。



あ~。。

いいアルバムだなあ。。

現在、最後の曲、ダイダイ大好きなInner City Bluesが流れています。

この曲のイントロの、冷たいピアノの音が響いただけで、全身が痺れたようになってしまった。

もう何回聴いたかわからないのに。。



このアルバム、このブログを読んでくれる人なら全員が気に入ってくれるはず。

みんなに聴いて欲しいなあ。。
[PR]
by 400tourer | 2004-12-30 15:57 | 70年代音楽

こんな寒い日にピッタリな、カレーうどん。


しかし、今夜は冷えますねえ。

あんまり寒いんで、なんか暖まるものが食べたくなっちゃってね、

さっき、目黒駅に近いうどん屋さんへ行ってきました。

このうどん屋さんはね、休みの日は行列ができるくらい、人気があります。

だしがシッカリ効いた、関西風のうどんなんですよ。

何を食べても上手いんだけど、僕のお気に入りは「カレーうどん」です。


普通と辛口があってね、僕のオススメは辛口。

これがねえ、なかなか奥行きの深い味なんですよ。

見た目は何の変哲もないカレーうどんなんだけどね。

決してスパイシーってほどじゃないけど、程よいコシを残したうどんに
絡まったスープがお肉やネギといっしょにのどを通ったあと、

なんともいえない豊かな香りが、ふわあ~って口に残るの!

これってけっこうヤミツキになっちゃうんです。

かなりドロッとしたスープだから、なかなか冷めなくて、いっつも口の中が
やけど気味になっちゃうんだけどね。(苦笑)


おなかがすいてたから、ふーふーしながら一気に食べちゃった。


おかげで体はぽっかぽか。

うっすら汗をかくほどだったので、ゆっくりお散歩しながら帰りました。


日中は雪をかぶっていた近所の垣根の葉っぱも、夕方からの雨に濡れて、
ころころしたみずたまを乗っけていましたよ。

a0011050_0182829.jpg

[PR]
by 400tourer | 2004-12-30 00:19 | なんでもかんでも

いまごろ年賀状のデザインを作ってます。。



やらなくっちゃと思いつつ、さっきまで全然手を付けられなかったんです。

年賀状の制作。

毎年のこととはいえ、忙しい時期にこんなことするのってキツイよねえ。(苦笑)

もう終わってる人がほとんどかと思ったら、ここに今終わった人を発見!  

さて、僕も追いつかないと。

今年はPCを新しくしたので、以前のPCに入っていた年賀状印刷ソフトは使えません。。

何のソフトで作ろうか迷ったんだけど、一番使い慣れたソフトがいいかなーと思って、

パワーポイントにしました!

もしかして、年賀状作りに利用するやつなんて、いないかなあ。。。

でもやっぱり勝手がわかるから、仕事が速いや。

もう少しで完成です。

宛名書きやコメントもあるから、明日中に終わるかどうか。。


まだ年賀状が書き終わってない人、いる?
[PR]
by 400tourer | 2004-12-29 21:11 | オシゴト

出会いと別れ

またひとつ、お気に入りのブログが幕を閉じました。

show-zonoさん、「Soul Musicを聴こう」をありがとう。

本当にSoul Music が好きなんだっていう思いが、文章の全面に溢れ出ていました。

忘れていたものをたくさん思い出させてもらったし、気持ちも動かされたなあ。

彼の、ある種不器用なほどの「言い切り」には、きっと賛否両論もあったことでしょう。

でも、僕は大好き。

あれだけはっきり物事を「言い切る」ことは、実はたやすいことではないと思います。


音楽がなくても人は生きていけるのかもしれない。

芸術や趣味なんて、所詮は「無駄」なのかもしれない。


だからこそ、そんな無駄なことが人間の人間らしさを作っている重要な部分なんじゃないかな。

僕も、ものすごおく「無駄」の多い人間です。(苦笑)


これからの、show-zonoさんの新しい展開に期待したいですね。


この件だけではないんですけど、今年もまた、多くの出会いと別れがありました。


3月にこのブログをはじめたことがきっかけで出会えたみなさん、本当に出会えて
うれしいです。更新も滞ることが多いのに、いつも読んでくださって感謝しています。


特に、オフ会では普段出会うことのないようなお仕事や年齢の方々と、多く出会えました。
これも何かの縁です。今後ともよろしくお願いしますね。


一方、職場では、ある日何の前触れもなく、心を許せる人だと思っていた人が職場を去りました。


そして、今日、同じ部署の人が職場を去りました。

去り際の挨拶すら交わすこともないままに。。


僕はね、個人的に、去り際っていうのがとっても大事だと思っている人間なんです。


出会いも大切だけど、これは意識して出会うものじゃない。


偶然性が多分に含まれていますからね。


でも、たいていの別れは偶然じゃないと思うんです。


一方か、双方が意識して「別れ」を作っているんです。


だからこそ、その別れ際っていうのを、いい加減にしたくないんですよ。


またどこかで偶然の、(必然の)再会を喜び合えるような別れにしたいんです。



甘いかもしれない。

人には別れを切り出せない事情ってものがあるのかもしれない。


僕だって過去にはそんな気持ちに駆られた、辛い別れのシーンがありました。


でも、本当の事情は言えなくても、今までお世話になった気持ちは伝えたい。


そう思って、辛さを我慢してでもしっかりお別れの挨拶をしました。


何年経っても、そのときの自分の考えや行動は間違いじゃなかったって思います。



また来年も、新しい出会いがあるんだろうな。

そして、別れも。。


僕がこのページを閉じる日が来るようなことがあれば、突然消えてなくなるようなことは
しませんよ。

show-zonoさんのように、しっかりお別れを言える人間でありたいと思っています。


また出会える日のために、ね。
[PR]
by 400tourer | 2004-12-29 01:19 | なんでもかんでも

う~ん。。むにゃむにゃ。。あっ!?


普段は寝起きで愚図るのに、今日は枕元を見るなり飛び起きました。(笑)


「なんだろ~、これ?」

ガサゴソ・・

「おもーい。」



「あれ!どうしたの?」


「あのね~、ぷれぜんともらったのよ♡」


「よかったねー。ママに見せにいきなよ。」


「ままー!みてー!!」


「あ~ッ!それなーに?どうしたの?」


「あの~。サンタさんがくれたみたいなの。」


「凄いじゃない!よかったねえ。じゃあ空けてみれば?」


「うん!」


大きな箱の包みを懸命にはがしています。表情は真剣そのもの。(笑)


「あー!ほらみてえ!」


「あ~。可愛いじゃない!何もらったの? 」


「・・・・」←すでに人の言うことを聞いていない。


「ねえ、何をもらったの?」


「・・・・」←中身に夢中で無視。


「ねえ、何をもらったのよお?」




a0011050_23454157.jpg




「あの~。。おままごとのやつよ!」


「よかったねえ!サンタさんにありがとーって言った?」


「さんたさーん、ありがと~!!」

「あのさー、さんたさん、ちょこれーとたべたみたいよ。だってなくなってるもの。」


「そうだね、きっと、おいしいおいしいって言ってたと思うよ。」


「でもさー、ぷれぜんと、はなちゃんのくつしたにいれてほしかったのにい。。」


「え?靴下って何のこと?」


「これだよお!」

「はなちゃん、ほいくえんでつくったんだよお。。」


a0011050_2348413.jpg



(・・・あ~!これかあ。気がつかなかった。。)

「でもさ、はなちゃんのプレゼントが大きすぎて入らなかったんじゃないかな。。」


「いやああだぁ!いれてほしかったんだよお~。。」


「そんなこと言っても入らないじゃない。。それよりおままごとして遊ぼうよ!」


「うん!!」


・・・なんとかごまかせて、よかった。。

しかし、三歳児は意固地だねえ。。あれ?もしかして、誰かに似たのかも。(爆)



「あれえ!なんでぷれぜんとがここにもあるの?」


「え!?あ、ああ。。これはさっき写真撮ったじゃない。それだよ。。。」


・・危ない危ない。ブログにプレゼントの包みを写した写真が載っているのを忘れてました。
 これもなんとかごまかせたみたい。。


とはいえ、今年もいいクリスマスの日になりました。

みなさんにも、メリー・クリスマス!
[PR]
by 400tourer | 2004-12-25 23:53 | ハナ3歳

抜き足、差し足、忍び足。



さあ、そろそろ出番かな。



抜き足、差し足、忍び足。

抜き足、差し足、忍び足。



何にしようか、いろいろ迷ったんだよ。

二人でいろいろ探したんだ。

そして、やっと決まったんだよ。


いつも、台所でお手伝いしたくて仕方ないんだよね。

そんな君に、小さいけど、ちゃんとしたものを見つけたよ。

きっと、喜んでくれるんじゃないかな。



抜き足、差し足、忍び足。

抜き足、差し足、忍び足。



ふふ。すやすやと寝息を立てているね。


おっ!サンタさんのために、小さなチョコレートを置いといてくれたんだね。


ありがとう。



抜き足、差し足、忍び足。

抜き足、差し足、忍び足。



そっと枕元に置いておくからね。

明日の朝、どんな顔してこの包みを見つけるのかな。

たのしみだよ。

さて、起こさないように。。。



抜き足、差し足、忍び足。

抜き足、差し足、忍び足。


a0011050_2350346.jpg

[PR]
by 400tourer | 2004-12-24 23:49 | ハナ3歳

初めての雪遊び!

「滑らないように気をつけてね。」


「うん。。」


「はなちゃん、雪に触ってごらんよ!」

「どんな感じ?」


「うーん。ちょっとつめたくてえ、おもしろい。」


「ちょっと食べてみれば?」


「えー!たべられないよお。」


「そうかなあ、少しくらい食べても大丈夫だよ。」




山々や木々は一面の銀世界。

・・ってほどは積もってなかったんです。やっぱりね。


でも、子供にとっては初めて触る雪だったんです。


朝食をとった後、家族でゲレンデに出て行くと、まだ時期が早いせいか、万座だと
いうのに、それほど混んでいません。

この日のために揃えたミツバチ柄のピンク色のスキーウェアに身を包んで、
手袋とスノーブーツはオレンジ色でそろえて、ゴーグルとフリースの帽子まで被ってます。


もう完全防備ね!(笑)


近所のお友達から借りたソリに子供を乗せて、ゆるいスロープから手をはなすと、

ゆるゆると青いソリが滑り出します。


a0011050_072959.jpg



最初は怖がっていたけど、だんだん楽しくなってきた様子。

大声ではしゃぐほどじゃないけど、なんだか嬉しそう。





さて、そろそろ僕は5年ぶりの滑走を楽しんでこようかな。


「じゃあ、パパは滑ってくるからね!あの大きなブランコみたいのに乗って、戻ってくるよ。」


「うん、いってらしゃーい!」




それにしても、最近の板は短いんだねえ!

持ってくるの大変だからレンタルにしたんだけど、正解だったみたい。


だってさ、僕の板180CMくらいあったと思うんだけど、みんなが履いてるのは
せいぜい170CMくらいしかないんだもん。


持ってきてたら、完全に時代遅れって感じだったね。(苦笑)



ゲレンデは降雪機でかろうじて滑れるようになっている感じです。

ところどころ、枯れた草が雪上から顔を出しています。



さあ、まだ滑れるのかな?


ちょっとおっかなびっくり気味に、斜面へ乗り出します。



エッジがスルスルと音を立てて、雪を捉えだしました。



お!なかなかいいじゃない。

久しぶりでもけっこう滑れるもんだね。



なんて妙に納得しながら、まだ人の少なめな斜面を、のびのびと降りてゆきます。


そして、あっという間にリフト乗り場まで着いちゃった。

距離は短めだね。ちょっと物足りないなあ。。


でもリフト乗り場の待ち時間がほとんどなくていいねえ!


相席しなくてもいいから、一人で空中の景色を楽しみながら乗っていると、

遠くで手を振っている人が見えました。


子供とヨメサンです。僕のウェアーは黄色に肩の部分とパンツがクロで、赤い帽子に
赤い手袋という派手派手なカラーだから、わかるんだね。(笑)


リフトを降りて家族に合流すると、


「パパ、はなえがあのブランコに乗りたいって言ってるよ!」


「え?あれって3歳児でも乗っていいのかな。」


「訊いたんだけど、問題ないって。」


「あ、そう。 はなちゃん、あのブランコにパパと一緒に乗りたい?」


「うん、のりたーい!」


「でもさ、パパと一緒に下まで降りていかないと乗れないよ。大丈夫?」


「えー!こわーい。。」


「じゃあさ、ここでちょっと滑ってみようよ。」



と言うわけで、ゲレンデの脇で子供を抱え、ゆるいスロープをゆっくり滑ってみます。


「どう?おもしろいでしょ。」


「うん、おもろいねえ。」


「そうか!じゃあ、ゆっくり下まで行ってみようか?」


「いーよ。」


「え!ホント!!」

やった!うちの子、臆病でねえ。。普段こういう時に積極的じゃないんですよ。



うれしいけれど、慎重にやらないとね。

だって、もしもコケて雪に突っ込みでもしたら、二度とやらないなんて言うかもしれないし。(苦笑)



ストックを持たずに子供を抱きかかえると、ゲレンデの脇から慎重に滑り出します。



a0011050_0411863.jpg



「どう?こわいかな?」


「んーん。だいじょうぶ。おもしろい!」



「そっか!楽しいでしょ?ここで、せーので曲がるからね!」



「うん!」


「いくよー、せーのッ!」


「うひゃひゃ!まがったー。」


「今度はこっちだよ!せーのッ!」


「まがったー!!」



だんだん調子に乗ってきたみたい!うれしそうに声を上げています。

「よーし、もうすぐ終わりだよ。あそこのおうちまで行ったら、ブランコに乗れるからね。」



無事、リフト乗り場まで来ることができると、


「ぱぱぁ、おもしろかったね~。ちょっとだけこわかったけど、はなちゃんだいじょうぶだった。」


「そうだね!がんばったね。じゃあ、一緒にブランコに乗るよ。」



子供を抱きかかえると、ペアリフトのシートに乗せました。


「さあ、出発だよ!」


「はーい。」

「ねえぱぱあ、みんながこんなにちっちゃくなってるよ!」


「そうだよ、高いところにいるからだよ。こわい?」


「んーん。だいじょうぶ、こわくないしぃ、きもちいい。」


「よかったねー。 あ!あっちを見てごらん。 ママが手を振ってるよ!」


「えーッ、どこお?」


「ほら、あの大きなおうちが見えるでしょ?あのおうちの前に立って、手を振ってるのがママだよ。」


「あー!ほんとだあ。みえたあ。」


「ね、じゃあ、ママのところへ行って、ブランコに乗れたことお話してこようか?」


「うん!!」




結局、2回も抱っこしたまま滑りました。(笑)

うちの子にしては上出来です。


楽しい思い出になってくれるといいなあ。
[PR]
by 400tourer | 2004-12-24 00:58 | ハナ3歳

やったーーー!!おわったあああああ!!!


今帰ってきました。

今年のセミナー講師としての仕事は終わりです!!

やったああああああああ~~~~~~ッ!!!

はあ。。やっと終わったあ。。


明日、コメントのお返事書きます。

更新もちゃんとします。


でも、今日は寝ます。(前回もこんなこと言ってたっけ?)


おやすみなさい。。
[PR]
by 400tourer | 2004-12-23 01:07 | オシゴト

今年、最後のヤマ場です!ツカレタ。。


無事に万座から帰ってきたんですけど、その後は激務に忙殺されてます。

今やっと、あさってのセミナー原稿が完成しました!(4:00AM)

今朝も、このまま10:00から別のセミナーで講師をやります。。

ちなみに、今日の18:00からももうひとつセミナーやります。。

というわけで、すいません。。ちょっとブログの更新が難しそうです!


あさってのセミナーが終われば、ほぼ今年の大仕事は終了なので、
そこまで何とか乗り切ってからまた書きますね!

さすがに眠いので、ちょっとだけ寝ます。


おやすみなさい。。
[PR]
by 400tourer | 2004-12-21 04:10 | オシゴト