ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

やっぱり行って良かった!●●●・バー

小さな丸い覗き窓から中を伺うと、薄暗いカウンターには女性が二人。

どうもお客様はそれしかいないみたい。


土曜の夜だっていうのに珍しいけど、僕にとってはラッキーです。


ちょっとワクワクしながらとびらを空けた途端、

いきなり耳に飛び込んできたのは、


八分の六拍子にのったコンガのソロ。

メロディも、ハーモニーもない部分なんだけど、これだけでもうわかった!



ダニー・ハサウェイの「ライブ」に収録されている「ザ・ゲットー」です。


「こんちは!いきなり凄い曲がかかってますね。(笑)」


「あっ!どうも、いらっしゃい。ちょうどダニーをかけてたところだったんです。」


マスターは顔を見るなりいつもの笑顔で出迎えてくれました。

7、8席ほどのカウンターへ近づき、いつもの右端の席へ腰をおろします。

その席の前に、ターンテーブルが2台並び、壁にはプレイ中のアルバムが
ディスプレイされているからです。


そこには、見慣れた2枚のジャケットがディスプレイされています。



左には、今プレイしているダニーのライブ。

右にはマービン・ゲイのI want you

a0011050_142488.jpg

a0011050_1432739.jpg


やっぱり、こういう風に出迎えてもらえる場所があるのは嬉しいね。


ふと見れば、マスターが何かを手に持って近寄ってきます。



「これ、サイコーでしたよ!さすがアレサ。堪能させてもらいました。」


「良かったですか、そりゃ嬉しいです。」



前回、モータウンのDVDを借りたお礼に、アレサ・フランクリンのライブ
を収録したDVDをお貸ししていたんです。

何時くるともわからないのに、常に返せるようにしていたみたい。
こういう人柄だから、また来ちゃうのかもしれないな。


「じゃあ、まずはギネスをお願いします。」


「はい、ギネスですね。」



まもなく、細かな泡がたっぷりとのった黒いビールが僕の前へ。


まず、つまみのプレッツェルを口にほうり込みます。

カリッとした歯ごたえのあとに、ほんのりあまいメイプルシロップの香りが
口に広がっていきます。


続いて、ギネスを喉に流し込みます。


このビール独特の苦味と、メイプルシロップの甘みが合わさると、
なんともいえない心地よさ。


そうそう、こうして浸っているのもいいんだけど、
今日はマスターに渡すものを持ってきてたんだっけ!


「ナルさん、今日はちょっとレコードを持ってきたんですよ。
そろそろクリスマスも近いから、こんなアルバムも使えるかなと思って。」


そういって、僕はオレンジ色のバッグから3枚のレコードを出した。


a0011050_1451221.jpg


「お!ジャクソンファイブですね。これ持っていないんですよ。」


「そりゃ良かった!これはお店できっと使えますよ。それと、定番だけどダニーの
ディス・クリスマスが入っているベストと、アル・ジョンソンのアルバム。」


「ダニーのディス・クリスマスは最高ですよね!早速かけましょ。それと、
アル・ジョンソンは気になってたんですけどこれも聴いたことなくって。」


マスターは嬉しそうに、ジャケットからレコードを滑り出させます。


わずかなノイズのあとにはじまったのは、鈴の音を伴ったリズムに絡む
高らかなホーンのフレーズ。


何度も聴いているのに、やっぱりゾクッときてしまう。

この時期、必ず聞きたくなる定番のクリスマスソングは、ワムでもマライヤでもなく、
ダニーの「ディス・クリスマス」なんですよ。


なんかね、ダニーにしては珍しいほど明るい曲調や歌詞なんだけど、

それがかえって切ないんです。

彼の不幸な結末を知っているせいか、どこか、物悲しい気持ちにさせられてね、

だからこそ今のこの楽しさをかみ締めなきゃっていう気分になるのかな。



そんな思いに耽りながら、プレッツェルとギネスを交合にゆっくりと口へ。



こんなふうに始まった、僕が音楽に浸れる貴重な時間。


ターンテーブルへ次から次へ載せ換わっていくアルバムの数々。

それを特等席で聴きながら、ジャケットを手にとらせてもらい、

曲やアーティストついての話をマスターと好きなだけ交わす。



気がつけば、閉店時間を大幅に過ぎています。


「こんなに閉店時間を過ぎてすいません。じゃあ、そろそろ帰ります。」


「ありがとうございました。明日は休み出し、大丈夫ですから。」


戸口まで笑顔で見送ってもらい、歩いて5分の家路につきました。



自宅から一番近いバーが、たまたまこんなに趣味の合うお店だったなんて、
これは偶然じゃない気がするんだけどね。


あ、●●●・バーって、ソウル・バーのことですよ。念のため。
[PR]
by 400tourer | 2005-11-28 01:45 | 70年代音楽

ひさびさに今から、例の●●●・バーへ行ってきます。


さて、子供もヨメサンも寝静まったことだし。

久しぶりに行ってみようかな。

大好きな、あそこへ。


でも、土曜の夜は混んでいるからなあ。。

入れなかったりして。


うーん。。でもやっぱり行っちゃお!

やっぱりたまにはああいうところに行かないと。

ストレスも吐き出したいし、忘れられちゃうのも嫌だしね。


入り口のドアにある、小さな丸い覗き窓。

中はピンクっぽい照明でね。

この時間帯はけっこう人が多いんだよね。


あんまり人が多そうだったら、そのまま帰ってこようかな。

とりあえず、今から例の●●●・バーへ行ってきます。


あ、オ●マ・バーじゃないよ。 念のため。(苦笑)

じゃ、いってきます。
[PR]
by 400tourer | 2005-11-26 23:19 | 70年代音楽

首都高のとなりにも秋景色

去年もこの時期に行ったんですけど、自然教育園で撮った写真です。

目黒通りと、首都高目黒線と、白金通りに囲まれたこの公園は、
この場所にしては驚くほどの自然が残っています。

a0011050_1432149.jpg

水面の照り返しに映えるアザミ。

a0011050_1435059.jpg

小鳥の好きそうな赤い実がいっぱい。ナナカマドみたいだけど、ちょっと違うかな。

a0011050_1441669.jpg

遊歩道にかかる小さな橋にとまった赤トンボ。まるで日向ぼっこしているようです。

a0011050_1444087.jpg

ちょっとかわいそうかな。のんびりしている赤トンボを手づかみて捕っちゃった。

こどももびっくりしてましたね。(笑) すぐに手を離すと、金色に輝くススキの向こうへ
消えていきました。

a0011050_14205946.jpg

[PR]
by 400tourer | 2005-11-23 14:20 | アウトドア/キャンプ

ライブ終了!


さっき帰ってきましたあ。

ライブは無事終了です。

今回は3バンドの出演するライブでトップバッターでした。


まあ、7曲で40分くらいの短いステージだったので、調子が上がってきた頃に
終了って感じだったけど、まずまずの出来だったと思います。


個人的には細かなミスは何回もしてるんだけどね。。


でね、今回の収穫は、一緒にでた別のバンドの方と仲良くなれたこと。

30年代くらいの、旧きよき時代のジャズやジャイブやブギウギをやっているバンドと
ご一緒させていただいたんですけど、そこのピアノの人とドラムの人が本当に上手くてね。

まあ、ドラムの方はUA(ウーア)とやってたり、ピアノの方は山崎まさよしさんとやってるような
プレイヤーとして一流の方々ですから、上手いのは当たり前ですけどね。


中でもピアノの方とお話した中で、ちょっとビックリしたことがありました。


その方は、以前ニューオーリンズに住んでいたことがあるという話をされたので、
僕も15年ほど前に、2週間くらい滞在したことがありますという話をしました。


中でも当時、僕は現地で、ある日本人にお世話になったのです。

早稲田のニューオーリンズジャズ研究会OBで、ニューオーリンズのジャズバンドで
バンジョーを演奏する黒縁メガネの男性のことなんですけどね。

おうちに招かれて、いろいろ音楽談義で盛り上がったり、現地の情報を教えて
くれたりしたんですよ。


その話をしたら、なんとそのピアノの方も、そのバンジョー弾きの日本人を
ご存知だったんです!


ほんと、世間って狭いですよね。

いつも感じることなんですけど、奇跡と思えるようなことは意外によくあることなんです。
偶然は必然ってヤツですね。(笑)


ニューオーリンズ、災害で大変なことになっちゃったけど、また行きたいなって
いつも思うくらい好きな場所です。


あ、ちょっと話がそれちゃったけど、他にもとっても楽しめたライブでしたよ。


例のCDも先行発売していたので、なんと購入者の方から数名、サインをせがまれました!

かなり照れくさかったけど、拒否するのも失礼なので、正規メンバーでない僕は、
遠慮がちに端っこへサインをしました。

なかなかライブ優先の生活はできないけど、また機会があれば出ますからね。


a0011050_1343336.jpg

[PR]
by 400tourer | 2005-11-17 01:34 | バンド/ドラムの話

11/16 下北沢440で19時半からやります!


タイトルのとおり、明日ライブをやります。


ずいぶん前にも記事にしましたが、20年来の友人のバンドを手伝ってまして、
まあ手伝うといっても、トリオバンドでのドラムの代役ですから、責任は重大ですけど。


今年の夏にレコーディングをやったんですけど、実は全10曲中5曲も叩いてます。
おまけに、コーラスやタンバリンまでやってたりします。(笑)


そのレコーディングした曲を、11/20にアルバムとして出します。

驚いたことに、amazonでもすでに予約販売されていました!


もちろん大手のレーベルじゃないから、全国のCDショップに並ぶほどは出回らない
と思いますけどね。


ジャンル的には、「ニューオーリンズ・セカンドライン・パンク」だそうです。(苦笑)

まあ聴いてみれば、その意味が解ると思います。

4ビートも、ファンクも、ブギーも、パンクも(?)混じってますから。


そんなわけで、そのバンドのCD発売記念ライブを明日、下北沢の440でやるんですよ。

ドラムは僕が全曲叩きます。


対バンも聴いて絶対に損しない、素晴らしい方々なんで、もしもよかったら
覗きに来て下さいね!


↓はレコーディング風景です
a0011050_0412262.jpg


a0011050_0414855.jpg

[PR]
by 400tourer | 2005-11-16 00:43 | バンド/ドラムの話

Sonny Rollinsの引退公演に行ってきました。

あらま。

久々のトラバをさせていただきます。

先日、ソニー・ロリンズの引退公演を見に行ってきました。

東京国際フォーラムでやったんですけど、本人を見る最後のチャンスという
理由以外にも是非行きたい理由があったんです。


ドラムがねー、僕のダーイスキな「スティーブ・ジョーダン」だったんですよ。


この人、20代の頃に「24丁目バンド」のドラマーとしても活躍してましたけど、

その他にもパティ・オースティンの「ハバナ・キャンディ」で素晴らしい歌ものバッキングを
したり、スティーブ・カーンの「モダン・タイムス」、や渡辺香津美の「トチカ」で超絶テクを
見せ付けたり、最近じゃキース・リチャードの後ろでメチャクチャカッコイイR&Rの演奏を
してたりね。

とにかく、テクもグルーブもセンスも抜群な人です。

そんな彼のプレイでも、4ビートの演奏はレコーディングでも少ないでしょうし、
まして、来日公演で演奏する事などめったにないと思います。


そんな意味でも、ロリンズの引退公演は大満足の内容でした。


もちろん、ロリンズも70歳過ぎのおじいさんとは思えない豪快なブローを
聴かせてくれました。


元気なうちに日本でいい演奏をした印象を遺しておきたいっていう話のとおりです。


まあ、詳しい話はきっといろいろなブログに書かれているでしょうから省略しますけど、
一番スリリングだったのは、全ての曲の始まるタイミングと終わるタイミングかな。

まるで、ロリンズが神からのお告げでも受けたかのように突然吹き始めると、
ギターのボビー・ブルームやベースのボブ・クランショウが、瞬時にその曲を理解して、
絶妙なバッキングでフォローするんです。


彼らの表情からみて、多分、曲の順番はその場で決まるんだと感じました。

もちろん、終わり方もロリンズの一挙手一投足にかかっていました。


でね、スティーブ・ジョーダンのプレイなんですけど、意外なほど地味で
バックに徹したプレイでしたね。


ほんと、もうちょっと目立ったところを見せて欲しいなあって思ったくらい。


でも、音楽的には素晴らしく調和が取れた演奏でしたから、あれはあれでいいのかな。

一番スティーブが目立っていたのは、スローな3拍子のバラッドです。


なんと、そんな曲調なのに、ロリンズは何を思ったのか、延々とドラムとのバース
(掛け合い)を続けまくっていました。(笑)


スティーブも、きっと本当はもうちょっと景気の良い曲でバースをやりたかった
だろうに、それでもオールドスタイルを意識した正統派のドラムソロをまじめに
聴かせてくれました。

やっぱカッコイー!!


上手い人の演奏は本当にいいね。

久々に超一流の演奏を目の当たりにして、あらためて音楽が好きでよかったと
一人で納得しながら帰宅しました。


ほんと、音楽っていいよね!
[PR]
by 400tourer | 2005-11-10 23:50 | バンド/ドラムの話

5年ぶりのキャンプ

先々週、行ってきました。

気がつけばもう、5年ぶりです。

もちろん、子供を連れて行ったのは初めてです。


今回は、僕のリハビリ(アウトドアのブランクが長いからね)や子供の遊びを考えて、
ビギナー向けの成田ゆめ牧場オートキャンプ場にしました。

牧草地のキャンプ場だから、危険はないし、この牧場は
観光牧場としても、イベントがたくさんあって楽しめるのです。

家族の写っている写真は入っていませんが、子供はテントのなかで
はしゃぎまわっていました。

寝袋も初体験だから、イモムシみたいって大喜び。

もちろん、翌日の牧場での遊びも満喫していましたよ。

また来年、暖かくなったら行こうかな。


以下、写真ブログ風に紹介してみますね。


a0011050_0474884.jpg

天気があまり良くなかったので、タープに隠れるような位置にテントを張っています。
雨が降ったとき、こうしておくと雨音がテントに響かないし、出入りに濡れないから
好都合なのです。

ローバー君のブリティッシュ・レーシング・グリーンもこういう場所では保護色です。

a0011050_0483458.jpg

15年もののツーバーナーを中心にしたキッチン周りです。
キッチンテーブルを使うとレイアウトやセッティングが簡単で機能的ですが、
ちょっと仰々しいかんじもありますね。。


a0011050_04985.jpg

オピネルのナイフは安いけど使いやすくてよく切れます。
これも10年くらい使っているけど、まだまだ使えますね。
ジャガイモをむいて、ベーコンやトマトやキャベツと一緒に煮込んだスープを作ります。


a0011050_0492340.jpg

香り付けには、自宅のベランダから摘んできたオレガノとローズマリーを使います。


a0011050_0495356.jpg

すっかり油がしみこんだ真っ黒なダッジオーブンは、遠赤外線効果と圧力鍋効果で
どんな料理もおいしく作れます。 ただ、持って行くのが重いんだけどね。。


a0011050_0505565.jpg

これは、パンを焼いているところ。にんにくペーストと、バジルを混ぜたものをバター
と一緒にぬって、ガーリックトーストにしました。


a0011050_0513553.jpg

これはおやつのポップコーン。
ダッジオーブンで作ることもないんだけど、熱がムラなく通っておいしくできました。


a0011050_0522034.jpg

これは、折りたたみ式のスモーカー(燻製器)です。
ゆめ牧場でかったソーセージをその場で燻製しています。
下で焦げているのはチップ(木屑)です。


a0011050_0561289.jpg

これが、燻製したてのソーセージ。
表面のかわがより一層パリッとして、風味も香ばしい!
アツアツのうちに、冷たいビールのつまみにして食べました。これは美味かったですよお。


a0011050_0563927.jpg

さっき説明したトマトとベーコンとキャベツの煮込んだものです。
見た目は良くないかもしれないけど、ジャガイモもほっくほくだし、厚切りベーコンはとろとろで、
十分満足できる味に仕上がりました。


a0011050_0571317.jpg

さっき焼いてたガーリックトーストの完成写真。
ちょっとガーリックが効き過ぎたけど、誰もいないから匂いも関係ないね。


a0011050_1225838.jpg

食後はキャンドルビームの炎を見ながら、ゆっくり話をしたりして、くつろぎました。
このビームは、ヒダの陰影が花びらのように、とってもきれいに映し出されるから、
ただゆらぎを見ているだけで、何となく心が落ち着きます。
[PR]
by 400tourer | 2005-11-08 01:33 | アウトドア/キャンプ

2ヶ月ぶりの更新!(いろいろあったけど、まだ続けますよ。)


ついに、2ヶ月も空けちゃいましたね、このブログ。


コメントの放置や、せっかくご案内いただいたお誘いにも
マトモにお返事すらせず、すみませんでした。

でもやっと、再開できそうな気持ちになってきました。


子供がやっと元気になってきたんです。


a0011050_0291886.jpg


実はこのところ、ずっとムスメは登園拒否を繰り返していました。


毎朝、毎晩保育園のことを思い出しては泣き、
両親は半休や早上がり、急な休暇を取らざるを得ませんでした。

もう仕事もボロボロだけど、それどころじゃありません。


原因はいろいろあると思います。

ウチは共働きで、核家族です。


毎晩、ママのお迎えは19時以降ですし、僕の帰宅はしばらく
午前様が続いてましたからね。

またしても、子供に無理をさせることになっちゃっていたんです。

今年の春先にもいろいろありましたからねえ。


家族で過す時間が少ないなんて、他のうちでも多いと思います。

その分のストレスを子供が上手く発散できるかどうか、
発散させてあげることができるかどうかの違いなんでしょうね。


うちの子は、4歳半なのに、理性的なところがあります。

実はふざけたり、いたずらが好きなのに、外では良い子に
振舞わなければならないと強く感じているみたいなのです。


ところが、普通の4歳児っていうのは、本能の赴くがままの
振る舞いをする子供の方が多いのです。(当たり前ですよね。)


そんな中で、4歳にして人間関係の悩みを持っていたのでした。


先日の夜、二人で布団に入って絵本を読んだ後、突然堰を切ったように
保育園の人間関係を話し出しました。


電気を消していましたが、あまりの情報量の多さに思わず暗闇で
メモをとりました。


以下、そのメモです。


おままごとでね、しおちゃんと、りこちゃんがいつも、おかあさんや
おねえちゃんのやくをやっててね、あたしはいっつもネコとかあ、イヌとかあ、
ウマとかあ、ヒツジしかやらせてくれないの。


けんたろうくんも、アメやさんごっこでね、5こずつっていったのに、
あたしのおみおせから、ぜんぶもってっちゃうの。


コーヨーくんはね、あたしがネックレスとか、ブレスレットとかしてると、
ひっぱってきてね、やめてっていってもやめてくれなくて、こわれちゃったの。

それとね、なにもしてないのに、おにんぎょうをなげつけるんだよ。


ケンちゃんと、ユーラくんはおかたづけのじかんのときに、あたしが
かたづけようっていったら、ふたりでキックしてくるんだよお。


・・・他にもまだまだありました。
 
いろいろと、4歳の心も傷ついているようです。

相手のお友達の反応はいかにも無邪気で、悪気があるようには思えません。


また、反対に楽しいことも語ってくれました。
まあ、僕にとっては寒気が走るような内容ですが。。


以下、そのメモです。


かえりのおしたくでね、げんかんにクツをならべるとき、
ヨータローくんとね、コーメーくんとね、マナキくんが、

「おれがはなえちゃんとてをつなぐ!」

「ちがう、おれがはなえちゃんとてをつなぐ!」

「おれがはなえちゃんとてをつなぐ!」

っていって、みんなでけんかするのよお。

だってさあ、あたし、みつあみしてるとき、かわいいじゃなーい。

だから、

「まーまーみんな、けんかしないで。」
「さんにんともてをつないであげるから。」

ってかわいくいってあげたの。



・・・ね、寒気が走ったでしょ?(苦笑)
なんだか4歳にして、オンナって感じです。


まあ、そんな楽しいことがあっても、やはり登園はかなりのストレス
になっていました。

そんなわけで、傷ついた子供の心をいかに癒してあげられるかっていう
やりとりが、1ヶ月以上かかったんです。


一日中、ウチでふざけあって過したり、

温泉や牧場で過したり、

キャンプをしたりね。

もちろん、平日もできるだけ早く家に帰ったつもりです。




そして、昨日の月曜日。


「あたしさあ、きょうはがんばってほいくえんにいくよ!」


そう言ってくれました。

月曜日に自発的に保育園にいけたのは、本当に久しぶりです。


まだ一週間は始まったばかりだけど、何となく乗り越えたような
気がしています。


また、子供の話や、趣味の話をぼちぼち書いていこうと思います。


いろいろあったけど、まだ続けますよ。
[PR]
by 400tourer | 2005-11-08 00:30 | ハナ4歳