ブログトップ

ローバーと本と音楽

rover.exblog.jp

明けましておめでとうございます。

新年が始まっちゃいましたね~。

今年も細々と更新しますので、よろしくお願いしま~す!

実家で迎えた新年ですが、今年は家族揃っていません。
ついさっきまで、ヨメさんは会社にいたんですよ。

今年も共働きと子育ての両立に七転八倒しそうな予感です。
とはいえ、いい一年にしたいな~と気楽に思ってます。
お互い、身も心も健やかに過ごしたいですね!
[PR]
# by 400tourer | 2009-01-01 00:20 | なんでもかんでも

ねぇ、こころのやさしい人のもってるぶきはなんだ?

えッ!?

心の優しい人の武器か…。それって何なの?

わかんない?こうさん?

う、うん。解んないよ。降参だから教えて。

せいかいはね~。

[おもいやり。]


えぇッ!?確かにそういうこともあるかもしれないけど
でも、武器なのかなぁ…。


だってさ、おもいやりだよ。


あぁ、そういうことか~!重い槍なんだね。

それにしても、今年の年末にふさわしい結構考えさせられるナゾナゾだねぇ…。

もちろん、ハナはだじゃれのつもりなんでしょうね。
[PR]
# by 400tourer | 2008-12-30 21:17 | なんでもかんでも

保育園で演奏してきました!(その2)Youtubeにリンクしてます


遅くなっちゃいましたけど、保育園で演奏した時の動画をのせますね。
途中から子供たちがぴょこぴょこ踊りだすのがかわいいですよ。

あ、この話の続きですので、良かったらこちらもどうぞ。
保育園で演奏してきました!(その1)

当日は9時半からのスタートに9時入りと言われてあせってましたが、保育園の
園長先生をはじめ、職員の皆さんが総出でセッティングを手伝ってくれたので、
10分ちょっとでドラムが組めました。

とはいっても、やはりリハーサルは20分弱しかなかったので、去年に一度ここで
お手合わせをしたアルトサックスのパパと、まず進行を決めてから、はじめて参加
されるピアノのママに指示を出す形にしました。

1曲目は、やっぱりジングルベル。
2曲目は We Wish You A Merry Christmas
3曲目はサックスとドラムのデュオでSomeday My Prince Will Come

まあ、思ったよりも1回ずつ通した時のまとまりが良かったので、最初と
終わりの合図だけ決めるくらいで、リハは終わらせちゃいました。

だって、もう子供たちがホールに入ってきだしたんだもん。(苦笑) 


先生たちの前座の歌が終わって、本番はすぐにやってきました。

「みなさーん!おまたせしました。今日はパパとママがバンドを組んで演奏してくれますよ。」

と言う紹介で、ドラムセットに向かい、ピアノのママの緊張する表情を笑顔でちょっと
だけ和ませました。

「1曲目はジングルベルです。」

そう紹介されると、場内のパパママや子供たち60人くらいの視線は一気にこっちへ
やってきました。

まあ、あくまで余興なんですけど、子供たちにはウケたいですよね。
と言うわけで、秘密兵器のスレイベル(鈴)をフットペダルに設置したものをイントロで
活用しました。

リンリンリンリンリンリン・・・

サンタのソリの鈴が聞こえると、「おお!」という歓声が聞こえます。

よしよし、つかみはOK。

このまま、イントロになだれ込みます。

続きは、Youtubeでみてね。

ジャズセッションat保育園Vol.2 ジングルベル
Merry Xmas!
[PR]
# by 400tourer | 2008-12-25 07:30 | 70年代音楽

「これで200円も取るなんで、信じられない!」

気が付けば、クリスマスが近いですね。

クリスマスプレゼントといえば、去年の失敗談をひとつ。

「これで200円も取るなんで、信じられない!」

と、思わず某有名ネットショップを呪った出来事です。


仕事柄か、共働きの忙しさからか、買い物はほとんどネットショップで
すませているので、プレゼントも当然ネットで検索します。

いろいろ検索した結果、上の子に「シルバニアファミリー」の
セットをプレゼントすることに決めました。

結局、在庫も納期も送料もすべて他のショップより条件が良かったのは、
やっぱりアマ○ンでした。

とはいえ、ギフトはどうなのだろうと考えていると、

「200円でギフト包装を承ります」

こんな文字が目に飛び込んできました。それなら問題ないと、早速
1クリックで注文完了です。下の子は木製の動物のおもちゃにしました。


その翌日、アマ○ンからダンボール箱が届きました。

子供が寝てからこっそり空けてみると、確かにプレゼントらしき
包みがふたつ入っていました。

ところが、手にとって見ると・・

ひとつは青い無地のビニール製の袋に、口のところだけ銀のリボンが
巻いてあり、しかもリボン結び風に『Ama××n.co.jp』のロゴ入りシール
で留めてあるだけでした。

ちなみに、「シルバニアファミリー」が入っているので、女の子用の
プレゼントだってわかるはずなんですけど。

もう一つの箱は、近所のケーキ屋さんでケーキを入れてくれるような
簡素な紙箱に直接オモチャが入ってるようで、中からカラカラ音がして
いました。

さすがに箱は花柄でしたが、緑のリボンが帯のように一周していて、
またしても『Ama××n.co.jp』のロゴ入りシールで留めてあるだけでした。

アマ○ンはもしかして、梱包やラッピングまで自動化されてるのかな~

絶句しましたが、サンタさんがアマゾンから買っていると思われては
サンタに申し訳ないので、ラッピング用品を買いに行き、自分でラッピング
しなおす羽目に。。

しかも、イブの当日になってしまったので、子供たちの目をはばかって、
こっそり駐車場のローバー君のリアハッチを空けて、ラゲッジルームで
ガサゴソと怪しい音を立てる情けなさ。

ほんと、ひどい目にあった。

しかし、今年のアマゾンはどうなのでしょうね。

あ、いっちゃった!(爆)
[PR]
# by 400tourer | 2008-12-16 13:32 | なんでもかんでも

これからストーンズのシャイン・ア・ライトを見てきます~!

この時期は一人ぼっちで六本木ヒルズを歩くと
寂しい気分なんだけど、今日はそれどころじゃないんです。
目一杯、ロックを浴びてきま~す!

a0011050_0361151.jpg


(追記)・・・で、見てきましたよ。

やっぱすごいわ。

映画館で汗ばんだのは滅多にない経験かも。

今までストーンズは3回ほどナマを見に行ってるけど、臨場感はナマ以上でした。

だって、あんなアリーナのアングルで、あんなにバランスのいい音響なんで、
大きな会場じゃあ望めないですからね。

まだ見ていないストーンズ好きな方がもしもいれば、行ったほうがいいですよ。

曲選もいいし、1曲目のJumpin’ Jack Flashになだれ込む演出は鳥肌立ちました。

ミックはアップで見ると、本当に鍛えて締まった身体なのでびっくり。
あのアクションで歌ったら、自分なら1曲すらもたないかも。。

キースは本当に楽しそうに演奏していました。

ロンは楽しみつつ、要所をはずさないし、チャーリーは意外にエモーショナルな
フレーズを炸裂していて、かなりかっこいい演奏でした。

Start Me Upのイントロがあまりの絶妙な「間」で入ってくるので、またしても
鳥肌が立っちゃうし、Brown Sugerの観客と一体になった感じは、スタジアム
ではきっと味わえない雰囲気じゃないかな。

思わず腰が浮いちゃいましたけど、六本木のおしゃれな観客は意外に冷静で
ちょっと寂しかったな。

エンディングになだれ込むカメラワークとShine A Lightの絡みは流石の
マーティン・スコセッシって感じで、また鳥肌立っちゃった。

先日のキャロル・キングも66歳だったし、ストーンズのメンツもみんな60代。

みんなすごいね。

ボクもあんな60代になれたらいいなあって思いますよ。
まだ20年もあるけど。

そう思うと、まだまだ案外若いのかも。

会社の若い社員に囲まれていると、自分がおじさんなんだとついつい思って
しまうんだけど、なんかそうでもない気がしてきた。

社員、あ ライト!


やっぱおじさんかも。。。
[PR]
# by 400tourer | 2008-12-15 20:47 | 70年代音楽

保育園で演奏してきました!(その1)


予告どおり、土曜の朝から保育園にドラムの音が響きましたよ~。(笑)
無事演奏してきました。

今年で3回目になる保育園での演奏ですが、別にバンドとして行くのでなく、
あくまで「ドラムを叩けるパパ」としてなので、趣味というよりは、お勤めとして
行く気持ちも強いんです。

そうは言っても久々に自分のドラムを持ち出すので、結構うれしいんですけどね。。


というわけで、これがその自分のドラムセットです。

スリンガーランド(Slingerland)という、ドラムによほど詳しくないと聞いたことも
ないようなアメリカのブランドです。もう、20年くらい前のものかな。

a0011050_2302075.jpg


今回、18インチのライドシンバル(一番右のヤツ)を初めて人前で鳴らすので、
これを演奏できるのが楽しみだったんですよ。

これ、ずいぶん昔から探していた80年代に製造されたKジルジャンという
ブランドのシンバルなんです。

僕が学生時代に先輩が使っていて、ほしくても手が出なかったこのシンバル、
ちょっと前に偶然オークションで発見して、競に競ってやっと落札しました。

かなり詳しい方なら、たぶん写真を見てすぐにわかるほど、このシンバルは
90年代以降に作られたKジルジャンと見た目も音も違うんですよ。

アーリー・アメリカン・K(初期のアメリカ製Kジルジャン)と呼ばれて、頭文字から
EAKなんで言われたりする、ちょっとしたビンテージ扱いのシンバルです。

実際に演奏した感じも、思ったとおりの落ち着いたすばらしい余韻をもつシンバル
だったので、大満足です。

あ、ちなみにシンバルから垂れ下がっているのはシズラーといって、シンバルに
シルキーな美しい余韻をプラスするためのエフェクトです。

シズラーって言うくらいだから、ステーキが焼けるジュージューって音(シズル)
をイメージしているんでしょうね。

本当はシンバルに穴を開けて、リペットをゆるく打つんですが、このシンバル
に穴を開ける勇気がないんです。(苦笑)

もうひとつ、今回のために仕込んだ小道具があります。

写真の左下にちょこっと写っている、スレイベル(鈴)のフットペダルです。

これは、ジングルベルを演奏するために自作したんですけど、実際に
本番でもなかなかいい仕事をしてくれました。

というわけで、まずは久々に出した楽器のハナシだけでこんなに熱く語って
しまったので、演奏のハナシは別の記事にしますね。

そこで、YoutubeにUPした動画のリンクも貼りますからお楽しみ(?)に。。

そうそう、この保育園で演奏バナシのきっかけが知りたい方は、↓のむかーしの
記事をご参照くださいね。
保育園でドラムを叩きまくるオトコと踊りまくる園児の話
[PR]
# by 400tourer | 2008-12-14 23:05 | バンド/ドラムの話

恒例の(?)ライブが決まりました!

このブログでは3回目になる話題かもしれないですね。
恒例の保育園ライブが決定しました。

今回も前回同様アルトサックスのパパとデュオになる見込みです。
来週の土曜日が本番なので、昨日はドラムセットの点検をしました。

だって、前回の保育園ライブ以来、一度も開けていないんですよ。(笑)

本番で開けてびっくりなんてイヤなので、足りないパーツや
劣化している部分などがないか、仮組して調べました。

一年ぶりに外に出られたドラムセットはきっと嬉しかったでしょう。
あ、もしかすると、嬉しいどころか恨み辛みをこぼしていたかもしれませんね。。。

まあ、そのうちまたバリバリ活躍する機会もきっとくるはずなので、それまでは
申し訳ないけど辛抱してね。

・・・というわけで、準備万端なんですが、肝心の本番に向けたリハーサルは、
当日の本番直前に30分くらいしか時間が取れません。

さて、どうなることやら。

演奏予定の曲目は、
・ジングルベル
・いつかおうじさまが
・ホワイトクリスマス

などなど。

後日、自分でレポートしますね。
[PR]
# by 400tourer | 2008-12-08 12:20 | バンド/ドラムの話

おひさしぶりです。キャロル・キングのコンサートへ行ってきました!


本当にお久しぶりですね!お元気ですか?

6月以来の更新なんで、もう半年近く放置でした。


この間、いろいろいろいろと細かいことはいっぱいあったのですが、それは今回
置いておきますね。とりあえず、家族みんな元気です。


今回ヒサビサに書こうと思ったのはね、先日観にいったキャロル・キングの
ライブの話なんですよ。

「ローバー・トゥアラーと70年代音楽と子育てを語る気ままなページ
(本はどこいったんだ?)」←やたら長い

とブログと銘打っているからには(?)やっぱり、書かないと。


11/22の東京国際フォーラムへ行ったんです。一人でね。

本当は、ヨメさんなり、誰か友達なりと行きたかったんだけど、子供2人もいると
置いてはいけないし、最近じゃ友達とも連絡とっているヒマないし。

というわけで連休の初日、翌日はハナの七五三なので時間ギリギリまで
部屋掃除をしつつ、遅刻しそうになって飛び出していきました。


キャロル・キングといえば、やっぱり「つづれおり」が思い出深いのですが、
今回のツアーは「ヒットメドレー状態」だという事前情報を聞いていたので、

「泣いたらどーしよ。」と心配でした。(ウソ)

以前に買ったDVDが、「リビングルームへようこそ」というリラックスしたステージ
を収録したもので、今回の来日も同じ企画だし、キャロルのピアノ弾き語りが中心
だと期待していました。


国際フォーラムの入り口は、はさすがに客層がバラエティ豊か!


ベタベタ手をつないで歩く20代のオシャレな男女

寄り添って歩く30代の落ち着いた男女

ちょっと離れて歩く、50代~60代の男女


熱く語り合う20代の猫背で変な髪型の音楽ヲタク風男子たち


家族連れでは来られず、一人さびしく歩く40代の男性←ボク

同じく、一人さびしく歩く40台の女性


一人で歩く、グレーヘアや、ちょっと寒そうな頭部の50代~60代の男性

20代の娘と二人で歩く、50代~60代の女性


これまでいろいろなコンサートに行ったけれど、こんなに客層が広いのは、
はじめてかも知れないですね。


開演時間通りに消灯し、まもなくステージの左手からあらわれたのは、

グレーっぽいカーリーヘアで胸元のスパンコールがキラキラ光る黒い衣装。
人懐っこい笑顔を振りまいて、ゆっくり深々とお辞儀をした、キャロル・キングでした。


ステージはグランドピアノ1台と、ソファが二つに、カウンターチェアが2脚だけ。

グランドピアノの上におかれたランプを点し、ひと息おいて歌い始めました。


Song Of Long Ago

DVDと同じスタート曲。でも信じられないのは、目の前でナマで歌ってる、その
すばらしい声量と、力強い低音が響くピアノ。

ナマで聴いてもまったく衰えを感じません。

その聴き手の反応を知ってか知らずか、2曲目の歌詞がほほえましいんです。

Welcome To My Living Room

「今日は歌いたい曲がいっぱいあるんだけど、全部できなかったら許してね。
だって、わたし66歳なの。」


肩をすくめるようにこちらを見ながらにこやかにアピールするその仕草。
その歳で、なんでそんなにキュートなんだろ。(失礼)


リビングルームに訪れたお客様は、サポートメンバーの二人。

ギターとベースを持ち替え、コーラスもこなし曲によってはリードボーカルもとる
という器用な方々です。


曲目リストはちゃんと覚えていないので、詳しくは「セットリスト」で検索して
もらえば出てくると思うのですが、とにかく「ヒットメドレー状態」でした。


やはり、圧巻は最後の曲「空が落ちてくる」(もちろん邦題)~アンコールの展開です。

So Far Away

もう、イントロだけでノックアウト状態。鳥肌は経つし、こりゃ歌わずにいられないよ!

You've Got a Friend

参りました。音楽で涙が出るなんてヒサビサ。でも、まだこの感性が残っていた
こともちょっと嬉しい。

「君の友達」といえば、学生時代にアメリカ一人旅をしていたときの思い出の歌です。

シカゴで仲良くなったイギリス人3人と共同でダウンタウンのホテルの部屋を借り、
毎晩、お酒を飲んだり歌を歌ったりして過ごしたんです。

そのとき、一人が持っていたギターでボクが弾き語りをしたのが、この曲です。

4人で大合唱して、本当に楽しかったなあ。

あの3人は、今何しているだろう。


こんなことを思い出しながら歌っていると、気がつけば隣の50代の女性も
涙をぬぐいながら夢中で歌っていました。

キャロルの歌の持つパワーってすごいね。

そして、アンコールのアンコールはやっぱり
Loco-Motion

会場も総立ちで「Come on baby~」の大合唱です。


あっという間に楽しい時間は終わり、幸福な気持ちで寒空の下、帰途に着きました。

途中、家族にはお土産に北海道の物産館で「なよろプリン」を買ってね。



考えてみれば、66歳といえば、あと26年も先のことなんだよね。

あの歳になったころ、ボクもやっぱり音楽を続けていたいなあって考えたら、

26年といえば、自分が楽器をはじめた時が14歳だから、今年で26年なんです。


今まで音楽をやってきた時間と同じくらい、この先に時間があるんだね。


そう考えたら、今このときにちょっと演奏する時間がなくても、あきらめることは
ないんだね。

そんなに焦ることはないんだって、あらためて自分に言い聞かせました。


ああ、やっぱり音楽はいいね。
[PR]
# by 400tourer | 2008-11-27 01:16 | 70年代音楽

今日でちょうど1年が経ちました。


早いもので、今日でちょうど1年が経ちました。

ああ、このブログを始めてからじゃないですよ。

それなら、実は4年も経ってます。全然更新してないけど。。(苦笑)


今日は、サエの生まれた日なんです。

【ご報告】無事、第二子が誕生しました!



1年前の今日、あの日も今日と同じくらい、とっても良い天気でした。


予定日を過ぎて1週間も経っていたから、お医者さんに言われました。

「もう4キロを超えちゃってるようですから、そろそろ出てきてもらわないと。」

ほんと、なかなか出てきてくれなくてね。



やっと観念して生まれてきて来てくれたアカチャンの体重は、4,285グラム!


泣き声も大きかったけど、体も大きくてしっかりしてたなあ。


生まれてすぐ看護婦さん二人で胸囲や頭囲、身長を計っているんだけど、


「頭囲は○cmです。胸囲はえーと、あれ??」

「すみません、もう一度頭囲を測ってもいいですか?」

「ああ、やっぱり合ってました・・。」


この会話、つまり胸囲が普通より太すぎってこと。

通常は頭囲の方が大きいらしいんです。


どうりで、なんか一升瓶みたいな胴回りだな~って思ったワケだ。(笑)


サエと名づけたこの女の子は、その後もスクスクと育ちました。


2ヶ月半から保育園に預けられましたが、月齢が上の子におもちゃを

取られたら、体当たりで取り返すような気の強さと、誰とでも目が

合うだけでニコニコ笑う愛想の良さを併せ持つ、なんともたくましい

女の子です。



さっき、誕生日ケーキに1本のロウソクを立て、家族でハッピーバースデイを

歌いました。ハナが代わりに息で吹き消すと、パチパチとみんなで拍手。


サエもすかさずパチパチと手をたたいていました。

バイバイとパチパチは得意技なんです。(笑)


a0011050_0265956.jpg



そうそう、今日ついに、3歩も歩きました!

もちろんまだヨタヨタのフラフラです。

何度も激しくしりもちをつくのですが、泣かないし、全然あきらめないんです。


何度やっても3歩までしか進まないのですが、今日はもうこれで十分。


そんなに焦って育たなくてもいいのにね。


子供を見ていると、自分も少しずつでいいから成長しなくちゃって、

本当に思いますね。(自分こそ焦ったほうがいいかも。。)
[PR]
# by 400tourer | 2008-06-02 00:21 | サエ誕生!

気持ち良さそう~。

a0011050_1129545.jpg

こんな感じで寝てます。
気持ち良さそうですね~。

なんか羨ましい。。
[PR]
# by 400tourer | 2008-04-05 11:29

サエと散歩中です。

今日は気持ちいい天気ですね~。
上着なしで歩くのがちょうどいいような陽気なので、近所をサエと散歩中です。
ハナはママと二人でフラの教室に行っているのでボクたち二人は留守番なんだけど、
家にいるのはもったいないくらいの青空なので、出てきちゃいました。

10ヶ月になったサエは、家にいるとそこらじゅうの引き出しを開けてモノを出してしまう
かなりのいたずらっ子です。

だからベビーカーに乗せておいた方が安全だし、ラクなんです。(苦笑)

これを書いてる公園のベンチの傍らでは、やわらかな髪をそよ風にやさしく撫でられながら、
気持ち良さそうな寝息を立てています。
[PR]
# by 400tourer | 2008-04-05 10:53 | サエ誕生!

ご無沙汰してます!今日から新しい生活が始まりました。



皆さんご無沙汰しております。

またまた放置しちゃいましたね。。


昨日、ハナはついに保育園を卒園して、来週からは一年生です!

今朝は長く通った保育園でなく、入学前の小学校へ

学童保育を受けに登校しました。


青く澄み渡った空の下、満開の桜の花びらは日の光を受けて

眩しいほど輝いていました。


校門をくぐっても、特に不安な様子はありません。

校庭の隅におかれた竹馬や一輪車を見つけて、

「あたし、これやったことないんだけど、ちょっとやってみたい!」

なんて言ってます。


校舎に入ると、すでに保育園時代のクラスメートが到着していました。

ハナの顔を見るなり、

「ハナエちゃん、遊ぼうよ!」

と誘ってくれたので、無理なく別れるきっかけを作ってもらえました。



「ハナ、じゃあパパは会社へ行ってもいい?」


「うん、いいよ。がんばってきてね!」


「ありがとう。じゃあね。」


「じゃあね!」


パチン☆!!←ハイタッチの音



こうして、いつも保育園で別れ際にするのと同じように、

ハイタッチをしてボクは教室を出ることができました。


来週は、いよいよ入学式です。




そうそう、サエも今日から新しい保育園での転園一日目です。

これまで、二人の保育園はかなり距離が離れていたので、

毎朝クルマで送ってから、いったん駐車場へ戻った後に通勤

していました。


でも、今日からはその苦労がなくなりました、。

ハナが通っていた保育園に、「入れ違い」で入園できたんですよ!


勝手知ったる保育園なので、いろいろ安心です。



まあ、毎朝毎晩の移動距離的には夫婦ともども楽になったものの、

ハナが小学校に入ったことで、これまでの保育園で預かってくれたように

8時なんて時刻までは到底面倒見てくれないんですよね。


ヨメサンのフレックスをフル活用して、塾やら近所のお友達の家やら

何やらを少しずつ利用させてもらって、なんとか凌げそうな目処が

立ったところです。


あいかわらずギリギリの生活ですが、それでもみんな健康で

過ごせているので、まずは感謝です。


ブログ、まだやめていないので、ぼちぼちまた復活しますね。


訪問いただいている方、コメントをいただいている方、

いつもありがとうございます。
[PR]
# by 400tourer | 2008-04-01 23:32 | なんでもかんでも

【初の動画投稿】保育園でジャムセッション?


タイトル通りの本格的な演奏シーンじゃないのですが、動画を載せてみました。

今までずいぶん長くブログをやっていますが、(更新してないくせにね。。)
初めての顔出しとなりますねえ~。

とはいっても、小さな画像で正面からでもないので、誰だかわからんといえば
その通りなんですけど。

先日、(12月)ハナの保育園のイベントで、ドラムの出動を要請されました。
そこで、日ごろの恩返しを少しでもできるならと、フルセットを保育園に持ち込みました。

実は、この企画は2度目なんです。
3年くらい前の記事にも一回書いたことがあったから、古くから読んでいる方は
もしかしたら覚えているかな。

ちなみにこれが、その時の記事です↓
保育園でドラムを叩きまくるオトコと踊りまくる園児の話

で、今回もあくまでも童謡のバックを手伝うという話だったので、せいぜいまた、
「おもちゃのチャチャチャ」なんかをやるのかなと思ったので、その辺の対策用に
小さなティンバレスなんかもセットしてみました。

これがセッティングの写真ね。(携帯で撮ったので、見えにくいかな。)

a0011050_1323088.jpg


実際始まってみると、トトロの「さんぽ」とか、「ドレミのうた」なんかの演奏だったので、
マーチと2ビートならバスドラムとスネアドラムだけで十分でした。

まあ、子供たちは喜んで歌っているので、お勤めは果たしたかな~とは思った
のですが、このフルセットを持ち込んだにしては、ちょっと物足りない状態でした。

前回のイベントでは、突然ドラムソロをやらされたれたので、子供の熱狂的な反応
もあって楽しかったんですよ。

今回はこのまま終わるのかと思ったら、


「じゃあ、××ちゃんのパパとハナちゃんのパパで何か1曲お願いできますか?」

という嬉しいが不安なご要望です。(苦笑)


見れば、ソプラノサックスを抱えた男性が困った顔をしています。

僕も、どの程度できる方なのか、何をやったらいいのかちょっと困りました。


とはいえ、会話をしてみれば4ビートを演奏していてライブもこなしているとのこと!

「じゃあ、とりあえずブルースで行きますか。」


という短い会話で始まったのがこの演奏です。

【動画を見る方はクリック!】

やっぱりお見せするのはお恥ずかしいですね。。

僕は数ヶ月ぶりの演奏だったのと、先生方の熱い期待の目線で、すこしだけ緊張
していたかなあ。

まあ、あくまで余興なので、その場の雰囲気としては良かったようです。

後日、しばらく先生方の対応が妙に優しかったのは嬉しいような気恥ずかしいような
複雑な感じでしたが。。
[PR]
# by 400tourer | 2008-01-08 01:48 | バンド/ドラムの話

ジャムり初め

a0011050_1646155.jpg

ただいま都内某所でジャムセッションに参加中で~す!

後日談:

現場でいきなりオリジナルのファンクを演奏させられてしまいました。(笑)
さすが黒人の方だけあって、ドファンキーでしたよ。

ほかにも、ダニー・ハサウェイのザ・ゲットーや、キャノンボール・アダレイで有名な
マーシー・マーシー・マーシーなんかも演奏できたから嬉しかったなあ!

もう、バップなんか全然やらないで、ファンキー大会です。 ←どんな大会だ?

僕の一番得意な、というか大好きな演奏ジャンルなので、遠慮なくファンキーな
フレーズをカマシまくっておきました。

タチーチーチー!とか、タタンタ ンタタン!とか、トンタカタットン!とかね。

もしも、このカタカナだけでフレーズがどんなものか理解できるようなら、


間違いなくあなたもファンキーです。(笑)
[PR]
# by 400tourer | 2008-01-06 16:46

お陰さまで無事に復旧しました!

例のバッテリーのトラブルですが、お陰さまで無事に復旧しました~!

今はヨメさんの実家で携帯からこの記事を書いてます。

とは言え、新年早々なのに朝からカー用品店へ自転車で買い物に
行って、子供乗せにバッテリーを乗せて20分も寒風にさらされ
て帰って来るのは、かなり切なかったなあ。

まあ、家族で移動中にバッテリー上がりを起こすよりはマシだから
むしろラッキーかな。

と、都合良く解釈することにします。(笑)

と言うわけで、あらためて、今年もよろしくお願いします!
[PR]
# by 400tourer | 2008-01-03 13:19 | なんでもかんでも